中2の国語の学習方法をまとめました。

中2国語の学習方法をまとめました!

中学2年生の国語の勉強法を解説!

 

中2国語は漢字と品詞の分類が重要!

 

中2の国語は、1年生のときよりも
難易度がアップします。

 

覚えなければいけないことも
増えてくるので、その都度
要点を押さえるようにしましょう。

 

できるだけ短時間で必要なことを
覚えていくためにはどんな勉強法を
実践すればいいのか、説明していきます。

 

同音異義語と同訓異字

同音異義語と同訓異字は、
高校入試でも出題されることがあります。

 

 

同音異義語は、
同じ読みだけど意味が異なるものです。
「関心」と「歓心」や、
「解放」と「開放」などがそうです。

 

 

上記以外にも出題されやすいのが、
「紹介」と「照会」、「慎重」と「身長」などです。

 

 

同訓異字は、同じ訓読みだけど
漢字と意味が若干異なるものを指します。
「現す」、「表す」、「著す」がそうです。

 

 

ここでは、言葉の使い方を
正しく覚えられているかがカギです。

よく本を読んでいる人だと、
このあたりは有利だと思います。

 

 

文脈や話の流れから意味が
予測できることもあるので、
わからないときでも一度
考えてみることが大切です。

 

 

自立語の活用

中2の国語では、
覚えなければならないことが多いです。

動詞、形容詞、形容動詞の活用は
必ず暗記しておく必要があります。

 

 

表を見ながら、何度も声に出して
覚えるのがおすすめです。
入試でも使う知識なので、
どうかめげずに頑張って覚えてください。

 

 

カ変(カ行変格活用)や
サ変(サ行変格活用)のような
特殊なものは、ほぼ間違いなく出題されます。
そのまま暗記するようにしてください。

 

 

覚え方のヒントがいくつかあります。
動詞に「ない」をつけたとき、「ア段」+「ない」に
なるときは五段活用です。

 

 

例えば、「飲む」に「ない」を
つけると「飲まない」です。
「ま」は「ア段」なので、「飲む」という動詞は
五段活用であることがわかります。

 

 

これと同じ仕組みで、
「イ段」になるものは上一段活用です。
「見る」という動詞は、上一段活用ですね。

 

 

下一段活用をする動詞は
「蹴る」しかないので、覚えやすいと思います。

 

 

品詞の分類

中2で習う品詞は、
まず助詞と助動詞の違いを理解します。

 

 

助詞は活用がないのに対し、
助動詞は活用があるということを
知っておきましょう。

 

 

助詞の中には、副助詞と格助詞があり、
とても間違えやすいので
何度も問題を解いて覚えるのがいいです。

 

 

助動詞では「受け身」や「断定」、
「比喩」、「使役」などの言葉も登場しますが、
意味を考えると意外と簡単です。

 

 

字面に騙されて苦手意識を
持たないようにしましょうね。

 

 

他の科目もそうですが、
一度嫌いになってしまうとなかなか
集中して勉強に取り組むのが
難しくなってしまいます。

 

 

例えば国語嫌いであれば、
上記の内容を実践することすら
しないかもしれません。
そうなると成績は落ちる一方です。

 

 

成績アップ無料メール講座を読んだ人に
プレゼントしているマニュアルの中で、
とある学習法に取り組むことで苦手な教科でも
テストで90点以上取れるようになることが紹介されています。

 

 

子どもが国語嫌いだという保護者の方には、
ぜひ見てもらいたい内容です。

 

 

>>【無料】短期間で成績を上げるメール講座があります!に進む

 

 

次ページでは、中2の英語の
勉強方法についてまとめました。
未来系や長文読解など分野ごとの
対処法などをご紹介します!

 

 

>>中2英語の勉強についての記事に進む

 

 

>>中学生の勉強法(教科別一覧)に戻る

 

 

>>中学勉強法トップページに戻る

 

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 

中学2年生の国語の勉強法<<漢字・自立語・品詞の分類>>関連ページ

中学生学年別の復習方法
中2の冬くらいまでに、1、2年生の復習を終えておくと安心です。国語は漢字から取り掛かり、数学は教科書の例題、基本問題を解いていきます。理科と社会はワークの基本問題を解き、英語は単語と文法を1つずつ復習しましょう。長期休みにまとめて復習するのもおすすめです。学校からの課題が役に立ちます。3年生になったら、復習よりも受験勉強にシフトしてください。定期テストの3週間前からは、テスト勉強を中心に行います。
中学1年生の国語の勉強法
漢字は、部首と四字熟語です。慣用句とことわざもテストに出ます。これらは単語帳を活用して覚えるのがおすすめです。主語や述語など文の成分については、問題を解いて覚えます。古典は、一年生のうちはとりあえず読めればOKです。敬語は覚えることがたくさんありますが、一生使える知識なのでこれを機に覚えてしまうほうがいいです。長文読解のスキルを身に付けたいのであれば、読書を習慣にすることをおすすめします。
中学1年生の英語の勉強法
英単語が覚えられない原因は、勉強不足です。単語帳を活用しながら、何度も書いて覚えてください。英文法は、例文をそのまま覚えます。それにより、文法を使って文を作る問題でも苦労しません。音読は、目と耳と口から効率的に覚えることができるのでおすすめです。長文読解も、例文を覚えていればすらすら読むことができるようになります。テスト対策だけでなく受験でも有利になるので、例文をそのまま覚えるのはかなりおすすめです。
中学1年生の社会の勉強法
地理は、海外に興味が持てれば強いです。海外旅行もいいですし、海外の生活習慣や観光地を紹介する番組、youtubeを見るのもいいと思います。グラフによる問題が多いので、教科書やワークにあるグラフを見て覚えましょう。歴史は暗記さえすれば80点くらいは簡単に取れます。これを100点に引き上げたいのであれば、歴史漫画を読むのがおすすめです。流れを詳しく把握できるので、定期テストだけでなく受験対策にも役立ちます。
中学1年生の数学の勉強法
中1の数学は2年、3年の基礎となります。ここでつまづくと、今後の数学が全部わからなくなってしまうので注意してください。文字式や方程式は、多くの問題を解いて慣れることが肝心です。図形は公式を覚えます。頭で考えるのが難しいときは、実際に図を書いてみるとイメージがしやすいです。問題集の問題がわからないときは、教科書の例題から見直しましょう。それでもわからないときは、素直に先生や友達に質問してください。
中学1年生の理科の勉強法
植物のつくりの分野は、図とリンクさせて各部位の名称と特徴を覚えます。被子植物と裸子植物の違いや、光合成もその仕組みと合わせて覚えていればOKです。水溶液などの計算問題は、授業だけで理解できないのが普通なのでワークの基本問題を解いて復習します。気体の性質は、気体の発生方法や特徴を押さえておけば得点できます。火山や石の分野は、ゴロ合わせで覚えてしまうとラクです。案外ずっと忘れないので受験にも使えます。
中学2年生の英語の勉強法
まずは一般動詞の過去形を暗記します。未来形は、willとbe going toのパターンをそれぞれ覚えましょう。不定詞や動名詞などの文法問題は、高校入試でも出題されます。暗記が難しい部分は、そのまま覚えてしまうほうがいいです。比較では、比較級と最上級を習います。moreやmostを使うものは決まっているので、覚えましょう。長文問題は、問題文→本文の順に読みます。重要語句に線を引いておくとスムーズです。

TOP 定期テストの勉強法 高校受験の勉強法 秘☆5日で成績が上がった話 無料相談