定期テスト(副教科)の勉強法を解説します!

ほんの数時間の勉強で、副教科で80点以上取る方法

短時間で副教科のテスト勉強を行う秘訣

 

 

中学校の音楽、美術、技術家庭科、
保健体育のテスト事情はよくわかった。
じゃあ、具体的な勉強方法を教えてください!

 

 

こんな悩みを持っている中学生のみなさん、
お待たせしました!

 

 

ここでは、最も効率的に
副教科を勉強する方法について
詳しく解説しました。

 

優先順位で最も高いのはプリント

教科書、ワーク、ノート、プリント・・・

副教科を勉強するために必要な上記の4つ。
この中で最もテストに出るのは100%プリントです!

 

 

何でプリントなのかというと、
先生の立場を考えるとわかります。

 

 

先生からすると、
プリントを作るってすごく面倒です。

 

 

それでもプリントを作らないといけないのは、
ワークや教科書だけだと、
テスト問題を作れないからです!

 

仮にテストがなかったら、面倒なプリントなんて作りません!

 

特に美術や音楽は、
教科書にあまり語句が載っていません。
教科書から問題を作ろうと思っても、
問題数が足りないのです。

 

 

プリントは、その問題数を
補うために作られるわけなので、
ここからテストに出る可能性は
ほぼ100%です!

 

 

まずは、プリントを完璧に覚えましょう。

 

先生の問題の作りやすさを考えよう!

では、次にテストに出やすいのは何か?
次はワークやノートです。

 

 

技術家庭科ワークや、
保健体育ノートなどは、
ポイントとなる部分が穴埋めで書かれています。

 

 

先生はこの穴埋めを
そのままテストに出せばいいので、
非常に楽にテストを作ることができます。

 

 

次にやるべきことは、
ワークやノートのカッコの部分の答え
全て覚えましょう!

 

 

プリントとワーク&ノートで、
70点以上は100%取れます。

 

90点以上を狙うときのみ、教科書に目を通そう

ワークやノートがない教科は、
教科書から問題が出ますが、
ワークやノートがある教科の場合、
教科書は勉強しなくていいです。

 

 

ただ、もし90点以上を狙いたいのであれば、
教科書の細かいところを
何回か読んでおくようにしましょう。

 

勉強は何でもかんでもやるものではなく、

自分の目的に合ったレベルまでやれば十分です!

 

先生たちは通知表をつけなければなりません。
ほとんどの生徒が90点以上を取ってしまうと、
多くの生徒の通知表が4と5になってしまいます。
これは少し問題です!

 

 

そうならないように、中学校の先生たちは、
10から20点分くらい、教科書から問題を出します。
そこまで点を取りたいのであれば、
教科書も目を通しておくといいです。

 

 

次のページでは、
もっと効率的に成績を上げる方法を紹介します。
この方法を使ったら、私のクラスは、
学年で1番成績の良いクラスになりました!

 

 

>>【マル秘】私が学年1位を取った方法に進む

 

>>中学生の勉強法(教科別一覧)に戻る

 

>>中学勉強法トップページに戻る

 

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 

より効率的に音楽・美術・体育・技術を勉強する方法関連ページ

国語の勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです。教科書の本文を音読する、これが国語の定期テスト対策の基本です。また、裏技として教科書ワークというものもあります。このページでは、国語の定期テスト対策について解説します。
社会の勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです。実は社会の定期テストほど勉強が簡単な教科はありません。ただ、ワークを覚えればいいだけだからです。ここでは中学社会の定期テスト勉強方法について解説します。
理科の勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです。とにかくひたすらワークを繰り返す、これが理科の基本となる定期テスト対策になります。でも多くの中学生ができていません。このページでは、中学理科の定期テスト対策法について解説します。
英語の勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです。教科書の英文を全て暗記する、これが中学英語の定期テスト対策です。難しく感じますが、意外とやればできます。ここでは中学英語の定期テスト対策についてまとめてあります。
数学の勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです。ワークの繰り返し、これが中学数学の定期テスト対策の基本です。ただ、ワークを解くときにもコツがあります!このページでは、中学数学の定期テスト勉強方法についてまとめてあります。
副教科の勉強法
国語や数学などの5教科は一生懸命勉強できるのに、副教科になると何を勉強したらいいのかわからない!こんな中学生が多いです!ただ、音楽、体育、家庭科、美術は少し工夫するとすぐに高得点が取れる勉強法があります!
効率の良い勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです!勉強をする上で最も大切なことは、効率を上げることです。とにかく短時間で成績を上げる。すると子供のやる気もUPします。このページでは効率のよい勉強方法について解説します。
習熟度テストの勉強法
ここでは、中学校の「習熟度テスト」は、4つのテストを意味する場合があります。模試、実力テスト、小テスト、全国学力調査です。模試と実力テストは、範囲が広いので対策しにくいです。とりあえず最近習った範囲を見直すのがベスト。小テストは範囲を教えてもらえることが多いので、そこだけをやれば点は取れます。全国学力調査は範囲が広い上に、内申点にも直結はしません。でも、力試しにはなるのでできるだけ白紙解答のないように取り組みましょう。
中学生の模試の勉強法
ここでは、高校受験用にできている模試についてご紹介していきます。志望校に合格できる確率がどれくらいかを知るためのもので、問題の難易度は高めです。勉強法としては、過去問を繰り返し解くことと、次に受験対策用の問題を繰り返し解くことです。模試は学習塾で開催しているものから自宅で受けるものまであり、受検スタイルは自分で選べます。書店やネットで探してみましょう。実力がつく時期までは、模試の結果に左右されないメンタルも受験には必要です。
実力テストは内心に影響する?
ここでは、範囲の広いと言われる実力テストの中でも出題されやすい問題や、どういった勉強をするのが正しいのかということをご紹介します。3年生は特に入試問題からも実力テストが出ることがあるので、きちんとした勉強方法学んでいきましょう!
中学の準備とは?
ここでは、中学に入学するまでの勉強の準備についてまとめます。中学校では、小学校の内容の振り返りをしてくれません。そのため始まってすぐに躓かないように自分で復習をするようにしましょう。勉強できる環境を整え集中できる空間を作ることで、すぐに勉強に取り組むことができるようになります。
高校受験の勉強法
親としてとても不安なのが高校受験。自分の子供は正しい勉強法をしているのか。実はほとんどの子供は間違った勉強方法をしています。これでは成績は上がりません!ここでは、正しい高校受験の勉強法について解説しました。

TOP 定期テストの勉強法 高校受験の勉強法 秘☆5日で成績が上がった話 無料相談