課題作文はどのように書くのか?

入試作文の書き方とは?

 

 

ここでは、推薦入試などで、
実施されることが多い、
課題作文についてまとめます。

 

これを読んでいるあなたは、
作文を書くことが苦手かもしれません。

 

しかし、課題作文は、
書き方を覚えて繰り返し練習すれば、
高評価をもらえる可能性が高くなります。

 

入試当日に困らなくて良いように、
作文の書き方などを学んでいきましょう!

 

高校受験の課題作文

課題作文は、推薦入試で
出題されることが多いです。
学校によっては試験科目に
「小論文」と書いていることもあります。

 

 

作文が合否を大きく左右するので、
普段から書き慣れていないと
本番でかなり困ります。

 

 

出題されている条件に沿って、
決められた内容をきちんと盛り込むことが重要です。
それができていないと減点の対象になります。

 

 

作文には書き方があるので、
苦手な人でもそれを知っておくと
断然書きやすくなりますよ。

 

 

作文の書き方

まずは、序文、本文、結論という
3つのまとまりに分けて文章を
構成していく
ことを意識してください。

 

 

序文では、これからこういうことを
書いていきますというのを簡潔にまとめます。
本文では、自分が本当に伝えたいことを書きます。
結論では自分の熱い思いをぶつければOKです。

 

 

ネットで検索した内容や、
誰でも知っていることを自分の意見として
書くのはだめです。

 

 

飽くまで「自分はどう思ったか」を
書かなくてはいけません。

 

 

では、具体的にどんなテーマで作文を書くのか、
少し紹介してみます。

 

 

あらかじめ図やグラフなどの資料が用意されていて、
「これを見てあなたはどう思いますか、
○○○字以内でまとめなさい。」
など、こういう感じできます。

 

 

その時期の旬の話題で攻めてくる場合もあるので、
日頃から新聞を読んだりニュースを見ておくのは大事です。
ノーベル賞受賞者に日本人がいた年などは、
受賞者に関する話題で世間が持ちきりになります。

 

 

それを設問に絡めて作文を書くような年もあるので、
世の中の出来事に対してある程度
自分の考えを持っておくと書きやすいです。

 

 

分量については、最低でも
原稿用紙の8割は埋めるようにしてください。

文末は「です。ます。」調か「だ。である。」調の
どちらかで統一します。

 

 

段落の最初は1マス空けるなど、
そういう初歩的なところも
ミスのないように注意しましょう。

 

 

あとは、大きく見やすい文字で書くと
高評価につながります。

 

 

本番に向けて練習する方法

まずは書店へ行って、参考書を一冊用意しましょう。
課題作文の書き方の例がいくつか紹介されているので、
それを何度も原稿用紙に書いて、
基本的な作文の流れを覚えてしまいます。

 

 

最低でも5回、理想は15回くらい書いてほしいです。
それをすれば、作文のだいたいの流れが把握できます。

 

 

そして、実際に自分でも作文を書いてみましょう。
書いたものは、学校の国語の先生や保護者、
家庭教師の先生などに見てもらいます。

 

 

どうすればもっと良くなるのか、
自分では判断が難しいと思うので
見てもらった人に聞いて改善し、また書きます。

 

 

これを繰り返していくうちに、
自分の意見が洗練されていくので
どんどんいいものが書けるようになります。

 

 

作文の練習も、
勉強と同じだということがわかってもらえましたか?

 

 

推薦入試に合格するには、
課題作文だけではなく内申点も
アップさせる必要があります。

 

 

7日間で成績が上がる無料メール講座では、
内申点を上げる方法も載っているので、
ぜひ参考にしてみてください。

 

 

>>【無料】短期間で成績を上げるメール講座があります!に進む

 

>>高校受験の勉強法の記事に戻る

 

>>中学勉強法トップページに戻る

 

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 

入試作文の書き方<<練習の方法やどんなことを書くのか>>関連ページ

中学生の受験に対する親の心構え
受験を控えた中学生。親としても身が引き締まる4月。ここで、親としても気持ちを切り替えたいところ。ここでは、親としてどのように子供の受験に望むかと、この時期に塾に入るべきかについて解説します。
高校受験のスケジュールの立て方
計画を立てるときにまずやるべきことは、志望校の偏差値と自分の偏差値の差です。合格するのに必要な勉強量と、受験までの残りの日数を計算していきます。教科別にやらなければいけないことを具体的にリスト化するとわかりやすいので、箇条書きで書いていきます。残日数とやるべきことがわかれば、一日の勉強量がわかります。無理のある計画になったときは、早めに志望校を変更したほうがいいです。ワンランク下げるだけでも違いますよ。
高校受験までの流れ
受験に成功する秘訣は、計画をしっかり立てておくことです。中3の夏休みまでに、1〜2年生の復習を終わらせましょう。二学期からは、一学期の復習と高校入試の過去問をします。1〜2年生の応用問題もやっておきましょう。冬休みまでに3年生の一学期の復習を終わらせ、年明けからは過去問を重点的におこないます。最後に、3年間の総復習と面接の練習をするという流れです。受験前日と当日は勉強せずに体調管理の徹底に努めましょう。
進路希望調査の書き方〜受験を控えた中学生のための〜
さあ5月になりました!ここで頭を悩ませるのが進路希望調査。親として何とか子供の受験を成功させたい。でもよくわからない。ここでは、中学生が受験に望む際、失敗しない進路の決め方についてまとめてみました。
行きたい高校の決め方
行きたい高校を見つけることができないのは、情報が足りないからです。やりたい部活がある、かわいい制服が着たい、大学への進学率など、自分なりの視点で情報収集をします。何校か見つけたら今度は資料請求です。次は、実際に現地へ行ってみます。毎日通学することをイメージして見にいってみます。保護者に志望校を反対されたら、この記事を保護者に読ませたり、学校の先生に相談してみましょう。簡単に諦めてはいけません。
中学で推薦を受けるには?
推薦入試で高校に入るには、まずは推薦をゲットする必要があります。推薦は、内申点が一定以上あって、日頃の態度が良好、さらにクラスへの貢献度が高くて部活も頑張ってるなどの基準をクリアしていないともらえません。しかも、推薦をもらえたら必ず合格できるわけではないので、推薦対策と並行して一般入試の勉強も進めます。学校に提出する推薦用作文では、志望動機や中学校で頑張ったこと、高校で頑張りたいことを書けばOKです。
中学生の受験戦略〜個人懇談で進路を決めよう〜
受験を控えた中学生の親にとって、夏休み前の懇談はすごく嫌なものです。でも、この懇談が受験の成功を決めるともいえます。ここでは、夏休み前の個人懇談の先生の話から、進路を決めていく方法について解説しました。
受験を控えた中学生の夏休みの過ごし方
中学生にとって夏休みはとても大切な時期!特に受験生には、この1ヶ月の過ごし方で、合否の50%が決まるといっても過言ではありません。ではどのように過ごしたら効率がいい勉強ができるのか。実体験からまとめてみました。
中学生にとって勉強習慣はとても大切!受験生はなおさら!
中学生の受験生にとって9月は勉強習慣を確立する大切な時期。子供の力だけだとつらい部分もあるので、親の助けは必須です。この時期には、受ける学校も決まっているので、それに向けて計画を立てていきましょう!
冬休みは受験をする中学生にとって大切な時期
中学生にとって、冬休みは気持ちが緩むところ。でも、受験生にとって、この10日間は大切な時間です!ここでは、冬休みに絶対にしておくべきことについて解説しました。また、12月に行われる最後の個人懇談のポイントについてもまとめました。
面接試験は高校受験で大切な科目の一つ
面接試験は、ありのままの姿を見せれば大丈夫・・・そう思っているお母さん、これは非常にもったいないです!面接試験で受験の合格を引き寄せることは可能です。ここでは、中学生が最低限やっておくべき面接対策についてまとめました。
受験に備えて時間を意識した勉強にしよう
今月末には、いよいよ私立高校の受験、来月には公立高校の受験が始まります。この時期に意識すべき勉強法は、時間を意識した学習です。中学生にとって、緊張する入試は、時間との戦い。この時期から時間を意識しておくことは非常に大切です。
受験前日と当日の過ごし方について、中学校教師が解説します!
受験前日になると、何を勉強したらいいかわからない中学生が多いです。そして、緊張してなかなか眠れません。このページでは、受験前日の過ごし方と、受験当日にちょっと意識するだけで体調が劇的に良くなる方法についてまとめました。

TOP 定期テストの勉強法 高校受験の勉強法 秘☆5日で成績が上がった話 無料相談