中2の社会の学習方法をまとめました。

中2社会の学習方法をご紹介します!

中学2年生の社会の勉強法を解説!

 

中2社会の勉強方法とは?

 

中2の社会では、まず地理で
日本の特徴を中心に学びます。

 

これまでは海外の国の特徴を
覚えるのがメインの地理でしたが、
自国のことはより身近で
覚えやすいかもしれません。

 

歴史は、主に江戸時代から
明治時代を中心に学びます。

日本が大きく変化した時期なので、
大河ドラマでもよく題材にされています。

 

ここでは、そんな社会の
押さえるべきポイントと
勉強法を説明します。

 

日本の産業

日本

地理では、日本の各地域に
ついて詳しく学びます。

 

 

日本は島国なので、
漁業が盛んであることや湿度が高いこと、
水がキレイなことなど他の国には
ない特徴を持っています。

 

 

国内でも、雨が多い地域や少ない地域、
農業が盛んな地域など
それぞれに違いがあります。

 

 

どうしてそうなったのか、
理由まできちんと覚えておくことで
テストでの得点が期待できます。

 

 

主な農作物の産地も、
知っておくほうがいいです。
米の産地、果物の産地なども
出題されることがありますよ。

 

 

海に囲まれた国なので、
水産業についても知っておきましょう。
排他的経済水域という言葉の意味、
養殖や栽培漁業のことも知っておくと役立ちます。

 

 

地域ごとの特徴

温泉

地域ごとの特徴は、火山の多い地域には
温泉が多いなど関連させて覚えるのがいいです。
例えば、九州には阿蘇山や雲仙岳があり、
温泉も多くあります。

 

 

近畿には琵琶湖があり、
日本最大の湖として知られています。

京都、滋賀の多くの世帯が生活用水として
利用している大切な水がめです。

 

 

関東は関東ローム層が有名で、
近郊農業が盛んです。

 

 

東北の三陸海岸は
リアス式海岸な上に潮目があり、
魚がよく取れますが、その地形から
津波のときの被害は甚大でした。

 

 

地理の問題は、日頃の生活と
切り離せないものも多くあります。
身近な題材なので、ニュースなどで
耳にしていれば解ける問題もたくさんあります。

 

 

歴史はドラマで覚える

中2の歴史は、
江戸時代から昭和までを主に学びます。

日本が大きく変わった時代なので、
興味が持てればすいすい覚えられます。

 

大河ドラマ

 

大河ドラマでもよく題材として
取り上げられている時代なので、
ドラマを見て覚えるのもいいです。

 

 

教科書とドラマがまったく
同じというわけではないこともありますが、
興味を持つきっかけとしては十分です。

 

 

特に新撰組や龍馬伝は、
出演者がイケメンだからか
ファンの多い大河ドラマです。

 

 

歴史ものは、視点を変えれば
全く別世界の物語のようにも映ります。

切り口が1つではないところも、
歴史ドラマの面白いところです。

 

 

どうしても興味が持てない人でも、
歴史は丸暗記さえすれば
点数が取れる科目です。
とりあえず中2のうちは、それで乗り切れます。

 

 

ただ、流れを把握できていないことは
受験対策には不利なので
自分なりの突破口を見つけましょう。

 

 

定期テストで得点率を上げるには、
保護者の方の協力が必要な部分もあります。

 

 

それは何なのか、
成績アップ無料メール講座で
説明しているので興味のある方は
ぜひ一度読んでみてください。

 

 

>>【無料】短期間で成績を上げるメール講座があります!に進む

 

>>中学生の勉強法(教科別一覧)に戻る

 

 

>>中学勉強法トップページに戻る

 

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 

中学2年生の社会の勉強法<<地理、歴史・江戸時代>>関連ページ

中学生学年別の復習方法
中2の冬くらいまでに、1、2年生の復習を終えておくと安心です。国語は漢字から取り掛かり、数学は教科書の例題、基本問題を解いていきます。理科と社会はワークの基本問題を解き、英語は単語と文法を1つずつ復習しましょう。長期休みにまとめて復習するのもおすすめです。学校からの課題が役に立ちます。3年生になったら、復習よりも受験勉強にシフトしてください。定期テストの3週間前からは、テスト勉強を中心に行います。
中学1年生の国語の勉強法
漢字は、部首と四字熟語です。慣用句とことわざもテストに出ます。これらは単語帳を活用して覚えるのがおすすめです。主語や述語など文の成分については、問題を解いて覚えます。古典は、一年生のうちはとりあえず読めればOKです。敬語は覚えることがたくさんありますが、一生使える知識なのでこれを機に覚えてしまうほうがいいです。長文読解のスキルを身に付けたいのであれば、読書を習慣にすることをおすすめします。
中学1年生の英語の勉強法
英単語が覚えられない原因は、勉強不足です。単語帳を活用しながら、何度も書いて覚えてください。英文法は、例文をそのまま覚えます。それにより、文法を使って文を作る問題でも苦労しません。音読は、目と耳と口から効率的に覚えることができるのでおすすめです。長文読解も、例文を覚えていればすらすら読むことができるようになります。テスト対策だけでなく受験でも有利になるので、例文をそのまま覚えるのはかなりおすすめです。
中学1年生の社会の勉強法
地理は、海外に興味が持てれば強いです。海外旅行もいいですし、海外の生活習慣や観光地を紹介する番組、youtubeを見るのもいいと思います。グラフによる問題が多いので、教科書やワークにあるグラフを見て覚えましょう。歴史は暗記さえすれば80点くらいは簡単に取れます。これを100点に引き上げたいのであれば、歴史漫画を読むのがおすすめです。流れを詳しく把握できるので、定期テストだけでなく受験対策にも役立ちます。
中学1年生の数学の勉強法
中1の数学は2年、3年の基礎となります。ここでつまづくと、今後の数学が全部わからなくなってしまうので注意してください。文字式や方程式は、多くの問題を解いて慣れることが肝心です。図形は公式を覚えます。頭で考えるのが難しいときは、実際に図を書いてみるとイメージがしやすいです。問題集の問題がわからないときは、教科書の例題から見直しましょう。それでもわからないときは、素直に先生や友達に質問してください。
中学1年生の理科の勉強法
植物のつくりの分野は、図とリンクさせて各部位の名称と特徴を覚えます。被子植物と裸子植物の違いや、光合成もその仕組みと合わせて覚えていればOKです。水溶液などの計算問題は、授業だけで理解できないのが普通なのでワークの基本問題を解いて復習します。気体の性質は、気体の発生方法や特徴を押さえておけば得点できます。火山や石の分野は、ゴロ合わせで覚えてしまうとラクです。案外ずっと忘れないので受験にも使えます。
中学2年生の国語の勉強法
同音異義語や同訓異字は中2で習う内容ですが、高校入試でも出題されやすい単元です。言葉の使い方を正しく知っているかがカギなので、この機会にしっかり覚えるようにしましょう。自立語の活用は、表を見ながら何度も声に出して覚えるのがおすすめです。品詞の中でも、助詞は特に間違えやすいので副助詞と格助詞の違いを徹底的に押さえます。助動詞は、「使役」や「断定」などの言葉だけで苦手意識を持たず、意味を理解すれば案外簡単です。
中学2年生の英語の勉強法
まずは一般動詞の過去形を暗記します。未来形は、willとbe going toのパターンをそれぞれ覚えましょう。不定詞や動名詞などの文法問題は、高校入試でも出題されます。暗記が難しい部分は、そのまま覚えてしまうほうがいいです。比較では、比較級と最上級を習います。moreやmostを使うものは決まっているので、覚えましょう。長文問題は、問題文→本文の順に読みます。重要語句に線を引いておくとスムーズです。

TOP 定期テストの勉強法 高校受験の勉強法 秘☆5日で成績が上がった話 無料相談