効率の良く学習できるように計画を立てよう!

高校受験にスケジュールを立てよう!

スケジュールを立てて
勉強時間を確保しよう!

 

 

合否に大きく関わるのが、
実はスケジュールの組み方です。

上手く計画を立てることができれば、
受験勉強がスムーズに進みます。

 

ここでは、どうすれば合格できる
スケジュールが組めるか
その方法について説明します。

 

無理な計画になってしまった場合の
改善策も載せているの
で、
参考にしてください。

 

高校受験までのスケジュールの立て方

受験までのスケジュールを
立てるときにまずやってほしいのは、
志望校の偏差値に対する
自分のレベルを知ることです。

 

 

合格するのに必要な実力を、
現状の自分が持っているのか
どうかを知ってください。

 

 

足りないのであれば、
あとどれくらい頑張る必要が
あるのかを把握します。

 

 

例えば、偏差値50の高校に受かりたいとして、
今の自分の偏差値が45だったのなら、
受験までに最低でもあと偏差値を5
アップさせなければいけません。

 

 

そのために必要な勉強は何なのか、
残りの日数も数えて、一日に最低どれくらい
勉強しなければならないのかを導き出します。

 

 

受験までにどんなことをしなければいけないかは、
教科別にリスト化するとわかりやすいです。

 

 

例えば、国語のやることリストには、
漢字を○○○個覚える、文法問題の復習、
過去問を解くことなどを記入し、

 

 

理科のやることリストには、
1年生の復習、3年生の応用問題など
やらなければいけないことを
具体的に箇条書きにしていきます。

 

 

日数の数え方ですが、今が10月だとすれば
試験日までおよそ90日くらいあります。

 

 

国語のやることリストにある
○○○個の漢字を90日間で覚えるとすれば、
一日にいくつ覚える必要があるのか。

 

 

こうやって考えていくことで、
一日の勉強量がわかってきます。

 

 

でも、ギリギリで組むと
想定外のことが起きた場合に困るので、
余裕を持たせたスケジュールを
作っておくほうがいいです。

 

 

こうして、自分用に作った計画表を元に、
日々の勉強を進めていきましょう。
計画は変更することもあります。
何かあればその都度、柔軟に作り変えたらいいです。

 

 

スケジュールに無理があるとき

計画表を作った時点で、
かなり無理のある計画になってしまった場合は、
早い段階で志望校を変更したほうがいいです。

 

 

ランクを1つでも下げることで、
スケジュールに余裕が出てきます。

 

 

そのほうが毎日無理なく続けられるので、おすすめです。
あまり根詰めて、無理だと思いながら
続けるとすぐにいやになってきます。

 

 

受験勉強に本腰を入れるのは、
早ければ早いほどいいです。

そのほうが1年生の復習から念入りに取り組める上に、
後々の不安も少なくなると思います。

 

 

受験ギリギリになればなるほど、
やらなければいけないことと残された時間の
少なさに切羽詰まって焦りが出てくるので、
早めの準備がおすすめです。

 

 

7日間で成績がアップする無料メール講座では、
実は計画以上にもっと大事な
要素があることを紹介しています。

 

 

受験生本人だけでなく、
保護者の方にも読んでもらいたい内容です。
受験勉強には、こういうものを
参考にしてみるのもいいかと思います。

 

 

>>【無料】短期間で成績を上げるメール講座があります!に進む

 

 

1年間の計画の目安

 

最後に中学3年生の1年間の
スケジュールの目安をまとめます。

 

 

上手く計画が立てられないという人は、
一度参考にしてみてくださいね!

 

 

4月から夏休みが終わるまで

1,2年生の復習をしましょう。
特に漢字や英単語などは範囲が広いので、、
時間をかけて覚えていかないと、
覚えきれません。

 

 

早いうちから覚えるようにしましょう。

 

 

また、数学などは基本が出来ていないと、
応用問題が解けなくなってしまいます。

なので、自分が苦手なところは、
繰り返し解いて理解しておきましょう。

 

 

9月から11月まで

夏休み明けからは、
3年生で習った範囲の復習を始めましょう。
漢字や英単語も習うので、
覚える範囲が増えます。

 

 

しっかりと復習していきましょう。

 

 

12月から2月まで

12月に入ったら過去問や応用問題、
長文読解の問題を繰り返し解きましょう。

 

 

高校入試の内容は、
定期テストとは出題形式が違うことが多いです。

 

 

そのため過去問などで、
高校入試の出題形式に慣れていきましょう。

 

 

入試前日まで

3月に入ったら、
面接の対策を考えましょう。

自己PRや志望動機などをまとめ、
すぐに答えれるように暗記しておきましょう。

 

 

また、勉強については、
苦手な範囲をもう一度確認しておきましょう。

 

 

このスケジュールはあくまでも目安なので、
自分に合うようにしてもらえれば良いですが、
上記した流れで勉強していけば、
成績がスムーズに上がっていくと思います。

 

 

より詳しい高校受験までの流れは、
次のページにまとめてあります。
参考にしていただければと思います。

 

 

>>高校受験までの流れについての記事に進む

 

 

>>高校受験の勉強法の記事に戻る

 

>>中学勉強法トップページに戻る

 

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 

高校受験のスケジュールの立て方<<夏休みや冬休みなど>>関連ページ

中学生の受験に対する親の心構え
受験を控えた中学生。親としても身が引き締まる4月。ここで、親としても気持ちを切り替えたいところ。ここでは、親としてどのように子供の受験に望むかと、この時期に塾に入るべきかについて解説します。
進路希望調査の書き方〜受験を控えた中学生のための〜
さあ5月になりました!ここで頭を悩ませるのが進路希望調査。親として何とか子供の受験を成功させたい。でもよくわからない。ここでは、中学生が受験に望む際、失敗しない進路の決め方についてまとめてみました。
中学生の受験戦略〜個人懇談で進路を決めよう〜
受験を控えた中学生の親にとって、夏休み前の懇談はすごく嫌なものです。でも、この懇談が受験の成功を決めるともいえます。ここでは、夏休み前の個人懇談の先生の話から、進路を決めていく方法について解説しました。
受験を控えた中学生の夏休みの過ごし方
中学生にとって夏休みはとても大切な時期!特に受験生には、この1ヶ月の過ごし方で、合否の50%が決まるといっても過言ではありません。ではどのように過ごしたら効率がいい勉強ができるのか。実体験からまとめてみました。
中学生にとって勉強習慣はとても大切!受験生はなおさら!
中学生の受験生にとって9月は勉強習慣を確立する大切な時期。子供の力だけだとつらい部分もあるので、親の助けは必須です。この時期には、受ける学校も決まっているので、それに向けて計画を立てていきましょう!
冬休みは受験をする中学生にとって大切な時期
中学生にとって、冬休みは気持ちが緩むところ。でも、受験生にとって、この10日間は大切な時間です!ここでは、冬休みに絶対にしておくべきことについて解説しました。また、12月に行われる最後の個人懇談のポイントについてもまとめました。
面接試験は高校受験で大切な科目の一つ
面接試験は、ありのままの姿を見せれば大丈夫・・・そう思っているお母さん、これは非常にもったいないです!面接試験で受験の合格を引き寄せることは可能です。ここでは、中学生が最低限やっておくべき面接対策についてまとめました。
受験に備えて時間を意識した勉強にしよう
今月末には、いよいよ私立高校の受験、来月には公立高校の受験が始まります。この時期に意識すべき勉強法は、時間を意識した学習です。中学生にとって、緊張する入試は、時間との戦い。この時期から時間を意識しておくことは非常に大切です。
受験前日と当日の過ごし方について、中学校教師が解説します!
受験前日になると、何を勉強したらいいかわからない中学生が多いです。そして、緊張してなかなか眠れません。このページでは、受験前日の過ごし方と、受験当日にちょっと意識するだけで体調が劇的に良くなる方法についてまとめました。

TOP 定期テストの勉強法 高校受験の勉強法 秘☆5日で成績が上がった話 無料相談