定期テストの勉強法の極意をお伝えします!

習熟度テストの勉強で大事なのは繰り返し!

習熟度テストで高得点を取る方法をご紹介します!

 

 

習熟度テストには4つの種類があります。

 

この習熟度テストというのは、
内申点に入ることが少ないのですが、
手を抜くとかなり危険です。
高校受験に影響する可能性があるからです。

 

このページでお話しする方法で勉強すれば、
時間をかけずに高得点が取れるようになるので、
是非やってみてください。

 

習熟度テストで高得点を取るには、

繰り返しと問題分析が重要!

 

中学校で作成される習熟度テストとは?

中学校では最近、
「習熟度テスト」というものがあります。

 

 

今、どれくらいの実力が
ついているのかを点数で知ることができるので、
受験対策や日々の勉強にも役立ちます。

 

 

しかし、習熟度テストといっても実は学校によって
別のものを指していることがあるのをご存知ですか?

 

 

習熟度テストの意味は、
だいたい4つに分けることができます。

 

 

習熟度テストは意外にも
小テストを意味することもあります。

 

 

小テストなんてただの確認テストでしょ!
と思うかもしれませんが、これも言い方
次第では立派な習熟度テストです。

 

 

実はこの小テスト、
内申にもっとも影響する
のを
ご存知ですか?

 

 

毎日授業に出席するのが大事なのと同じように、
小さなテストの積み重ねをコツコツやっておくことで、
内申点をゲットできるようになっています。

 

 

(もちろん内申点というのは小テストの結果だけでなく、
生活態度や遅刻の有無も加味されますよ!)

 

 

小テストの場合は、出題範囲が狭い上に出るところを
教えてもらえることが多いので、対策はかなりしやすいです。
出ると言われている範囲を何度もやって完璧にしておけば、
満点を取ることも難しくないでしょう。

 

 

外部の習熟度テストの種類と勉強方法

マークシート

 

次に、習熟度テストは
実力テストを意味する場合もあります。

 

 

実力テストは学校側が作成して、
学期始めに行うだけでなく、
学校によっては業者の作成した
テストを使うこともあります。

 

 

こちらも模試同様に出題範囲は広いです。とはいえ、
傾向としては最近の内容が出されることが多いので、
いちばん新しい範囲を見直しておくのがベストだと思います。

 

 

そして、模試です。
「五木の模試」などは、聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。
例えば五木の模試は、民間が行っている模試です。

 

 

受検した総数のうち自分が何位にいるのか、
今回の受検者の中での偏差値を始め、
自分の現時点での弱点を知ることができます。
書店やネットで申し込みの受付を行っています。

 

 

模試は出題範囲が広いので、
勉強する際全てを網羅しようとしないことが
いちばんだと思います。

 

 

最近取り組んだ課題が出題されたのに解けなかった・・
という場合はかなり悔やまれるので、
記憶に新しい問題をとりあえず完璧にしておくのが良いです。

 

 

最後に、習熟度テストは
全国学力調査を指すこともあります。

 

 

全国学力調査というのは、
最近ニュースでも話題になったので
聞いたことがあるという人も多いと思います。

 

 

要は、諸外国に比べて日本の
子供たちの学力はいかほどかを知るテストです。

 

 

なので、受験に関係するとか内申に響くということはありません。
しかし、受けてさえいれば自分の勉強の参考にはなるので、
一概に無意味なものでもないです。

 

 

全国学力調査は、模試や実力テスト同様に出題範囲が広いものです。
そのため、このテストのために勉強しようとするならば、
日頃から1つずつの範囲を完璧にしておく必要があります。

 

 

つまり、ギリギリで何かしようと思ってもあまり効果がないので
無理に詰め込もうとしなくて良いです。

 

 

どれもやってない気がする・・という場合

ここまでは主に
「習熟度テスト」という言葉の意味する4つのテストと、
その対策について簡単にお話しました。

 

 

でもこれを読んでくれている方の中には、
いやいや・・うちそんなテストやってないけど?
という方もいらっしゃるかと思います。

 

模試

 

そんなときは、身近でやっている
模試がないか探してみましょう。
住んでいる地名と「模試」のワードで、
検索すればすぐに出てきます。

 

 

どうしても今すぐ習熟度テストの成績を上げたいという人は、
有名な先生が発信している7日間無料メール講座というものもあります。
そういうものを活用してみるのも、一つの方法かもしれません。

 

 

>>【無料】短期間で成績を上げるメール講座があります!に進む

 

 

色々述べましたが、高校進学だけを念頭に置けば
とりあえず学校の定期テストに本気で
取り組むのがいちばんの近道
です。
(勉強に近道なんかない!とはよく言われるので、語弊があればあしからず・・。)

 

 

次ページでは、
中学生の模試の勉強法について解説しました。
範囲が広い模試の勉強法を学んで、
偏差値をグングン上げていきましょう!

 

>>中学の模試の記事に進む

 

>>中学生の勉強法(教科別一覧)に戻る

 

>>中学勉強法トップページに戻る

 

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 

習熟度テストの勉強法とは?<<点数の取り方や偏差値>>関連ページ

国語の勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです。教科書の本文を音読する、これが国語の定期テスト対策の基本です。また、裏技として教科書ワークというものもあります。このページでは、国語の定期テスト対策について解説します。
社会の勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです。実は社会の定期テストほど勉強が簡単な教科はありません。ただ、ワークを覚えればいいだけだからです。ここでは中学社会の定期テスト勉強方法について解説します。
理科の勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです。とにかくひたすらワークを繰り返す、これが理科の基本となる定期テスト対策になります。でも多くの中学生ができていません。このページでは、中学理科の定期テスト対策法について解説します。
英語の勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです。教科書の英文を全て暗記する、これが中学英語の定期テスト対策です。難しく感じますが、意外とやればできます。ここでは中学英語の定期テスト対策についてまとめてあります。
数学の勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです。ワークの繰り返し、これが中学数学の定期テスト対策の基本です。ただ、ワークを解くときにもコツがあります!このページでは、中学数学の定期テスト勉強方法についてまとめてあります。
副教科の勉強法
国語や数学などの5教科は一生懸命勉強できるのに、副教科になると何を勉強したらいいのかわからない!こんな中学生が多いです!ただ、音楽、体育、家庭科、美術は少し工夫するとすぐに高得点が取れる勉強法があります!
副教科の勉強法A
副教科の勉強法で悩んでいる中学生、もう安心してください!ここでは、音楽、美術、技術家庭科、保健体育の勉強方法について解説します!最も効率的に勉強するにはどうしたらいいのか?まとめました。
効率の良い勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです!勉強をする上で最も大切なことは、効率を上げることです。とにかく短時間で成績を上げる。すると子供のやる気もUPします。このページでは効率のよい勉強方法について解説します。
中学生の模試の勉強法
ここでは、高校受験用にできている模試についてご紹介していきます。志望校に合格できる確率がどれくらいかを知るためのもので、問題の難易度は高めです。勉強法としては、過去問を繰り返し解くことと、次に受験対策用の問題を繰り返し解くことです。模試は学習塾で開催しているものから自宅で受けるものまであり、受検スタイルは自分で選べます。書店やネットで探してみましょう。実力がつく時期までは、模試の結果に左右されないメンタルも受験には必要です。
高校受験の勉強法
親としてとても不安なのが高校受験。自分の子供は正しい勉強法をしているのか。実はほとんどの子供は間違った勉強方法をしています。これでは成績は上がりません!ここでは、正しい高校受験の勉強法について解説しました。

TOP 定期テストの勉強法 高校受験の勉強法 秘☆5日で成績が上がった話 無料相談