金銭的に余裕がない場合、高校に入る時に利用する制度!

奨学金制度はどれくらい貰うことができるのか?

奨学金制度を利用して進学しましょう!

 

 

金銭的な理由から、
高校進学を諦めるのはもったいないです。

 

まずは、奨学金制度の
利用を考えましょう。
返済不要の奨学金もありますよ。

 

世帯年収によって
もらえる金額が異なるので、
自分の家庭の場合は
どうなのか一度確認してみてください。

 

都立、公立高校に進学するときの奨学金

母子家庭などの理由で
金銭的に厳しくても、大学まで
卒業している人はたくさんいます。

 

 

その多くが利用しているのが、
奨学金制度です。

 

 

大学だけでなく高校に進学する際も、
奨学金制度が利用できます。
給付型と貸付型があり、給付型であれば
返済する必要がありません。

 

 

東京都の場合を例に、説明していきます。
他の道府県でも、名称は違えど
似たような制度があるので今住んでいる
地域のページも確認してください。

 

 

最も有名な給付型奨学金は、
国から支給される就学支援金です。

都立、公立高校だけでなく
私立高校に通う高校生も使えます。

 

 

就学支援金は、1ヶ月の世帯所得が
30万4200円未満であることが条件です。
高校が全日制か通信制か定時制かによって、
月々の給付金が異なります。

 

 

東京都が行っている
高校生等奨学給付金は、
教育費を賄うためのものです。

 

 

生活保護世帯であれば年額32300円、
所得税非課税世帯であれば
年額75800円給付されます。

 

 

この金額は全日制と
通信制の高校に通う場合です。

 

 

非課税世帯で、
第二子以降であれば
年額129700円になります。

 

 

私立高校に進学するときの奨学金

都立、公立高校と同じで、
国からの就学支援金が給付されます。

都立、公立高校と違うところは、
世帯年収によって給付金が増額される点です。

 

 

年収250万円未満の世帯であれば、
最大で年額29万7000円です。

 

 

年収590万円以上
910万円未満の世帯であれば、
年額11万8800円です。

 

 

また、私立高校の場合は
授業料軽減助成金というものもあります。

東京都に住んでいて、私立中学校に
通っている子どもがいる家庭が対象です。
(他の自治体でも、助成金制度があります。)

 

 

年収250万円未満の
世帯であれば、年額14万5000円。

 

 

年収590万円以上
760万円未満の世帯であれば、
年額32万3200円となっています。

 

 

前述した就学支援金は、
世帯年収が低いほど多くもらえるのに対し、
助成金は世帯年収が高いほど
多くもらえる仕組みになっています。

 

 

要は、世帯年収が
760万円未満の世帯であれば、
給付される金額は一律で
44万2000円になるわけです。

 

 

奨学金は、国がやっているものと、
自治体がやっているものがあります。
申請のタイミングは4月ですが、
早めの情報収集がおすすめです。

 

 

奨学金制度は日々変わっているので、
自治体への問い合わせも含めて、
早めに取り掛かるほうが「思ったよりもらえなかった」
ということを防げます。

 

 

スポーツ推薦や学力推薦

私立高校では、
すば抜けた成績を取った
生徒を対象に学費の全額免除を
してくれる高校もあります。

 

 

7日間で成績がアップする無料メール講座では、
学力推薦を獲得する方法を紹介しているので
参考にしてみるのもいいと思います。

 

 

>>【無料】短期間で成績を上げるメール講座があります!に進む

 

 

次のページでは、高校受験までの
スケジュールの立て方についてまとめました。
どのようにスケジュールを立てるのか
ご紹介していきます。

 

 

>>高校受験までの流れの記事に進む

 

 

>>高校受験の勉強法の記事に戻る

 

>>中学勉強法トップページに戻る

 

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 

高校受験で奨学金<<給付型や申し込みの仕方について>>関連ページ

中学生の受験に対する親の心構え
受験を控えた中学生。親としても身が引き締まる4月。ここで、親としても気持ちを切り替えたいところ。ここでは、親としてどのように子供の受験に望むかと、この時期に塾に入るべきかについて解説します。
高校受験のスケジュールの立て方
計画を立てるときにまずやるべきことは、志望校の偏差値と自分の偏差値の差です。合格するのに必要な勉強量と、受験までの残りの日数を計算していきます。教科別にやらなければいけないことを具体的にリスト化するとわかりやすいので、箇条書きで書いていきます。残日数とやるべきことがわかれば、一日の勉強量がわかります。無理のある計画になったときは、早めに志望校を変更したほうがいいです。ワンランク下げるだけでも違いますよ。
高校受験までの流れ
受験に成功する秘訣は、計画をしっかり立てておくことです。中3の夏休みまでに、1〜2年生の復習を終わらせましょう。二学期からは、一学期の復習と高校入試の過去問をします。1〜2年生の応用問題もやっておきましょう。冬休みまでに3年生の一学期の復習を終わらせ、年明けからは過去問を重点的におこないます。最後に、3年間の総復習と面接の練習をするという流れです。受験前日と当日は勉強せずに体調管理の徹底に努めましょう。
進路希望調査の書き方〜受験を控えた中学生のための〜
さあ5月になりました!ここで頭を悩ませるのが進路希望調査。親として何とか子供の受験を成功させたい。でもよくわからない。ここでは、中学生が受験に望む際、失敗しない進路の決め方についてまとめてみました。
行きたい高校の決め方
行きたい高校を見つけることができないのは、情報が足りないからです。やりたい部活がある、かわいい制服が着たい、大学への進学率など、自分なりの視点で情報収集をします。何校か見つけたら今度は資料請求です。次は、実際に現地へ行ってみます。毎日通学することをイメージして見にいってみます。保護者に志望校を反対されたら、この記事を保護者に読ませたり、学校の先生に相談してみましょう。簡単に諦めてはいけません。
中学で推薦を受けるには?
推薦入試で高校に入るには、まずは推薦をゲットする必要があります。推薦は、内申点が一定以上あって、日頃の態度が良好、さらにクラスへの貢献度が高くて部活も頑張ってるなどの基準をクリアしていないともらえません。しかも、推薦をもらえたら必ず合格できるわけではないので、推薦対策と並行して一般入試の勉強も進めます。学校に提出する推薦用作文では、志望動機や中学校で頑張ったこと、高校で頑張りたいことを書けばOKです。
中学生の受験戦略〜個人懇談で進路を決めよう〜
受験を控えた中学生の親にとって、夏休み前の懇談はすごく嫌なものです。でも、この懇談が受験の成功を決めるともいえます。ここでは、夏休み前の個人懇談の先生の話から、進路を決めていく方法について解説しました。
入試作文の書き方
推薦入試で出題されることの多い課題作文には、書き方があります。序文、本文、結論の3段階でまとめるように意識してみてください。これをマスターするために、参考書を一冊用意しましょう。例文を何度も原稿用紙に書いて、流れを掴みます。実際に自分でも書いてみて、完成したら学校の国語の先生などに見てもらいましょう。指摘された箇所を改善しながら何度も書くうちに、どんどんいいものが書けるようになってきますよ。
高校受験に向けての長期休暇の過ごし方
受験生の長期休みは、計画的に勉強に取り組みましょう。新3年生になる春休みは、英語と数学の復習に力を入れます。夏休みは、1、2年の総復習と、英単語、漢字の暗記・習得を行います。一日に覚える単語の個数を決めて、成果を出すようにしましょう。冬休みは、過去問に取り組みます。クリスマスもお正月も返上して、とにかく過去問をやってください。ここで遊ぶか否かで、大きく差が出ます。春休みは、最後の追い込みです。
高校受験に向けて塾は必要?
受験のために塾に入る人は多いですが、自分に合った塾を選ぶことが大切です。中1か中3になったタイミングで塾に入ると、周りに影響されて勉強するようになるのでおすすめです。集団指導塾は、学校の授業についていけない子には不向きです。個別指導塾にも色々なタイプがあるので、自分に合った塾を見つけるようにしましょう。塾に入ったから必ず成績が伸びるというわけではありません。受験は保護者のサポートもとても大事です。
高校受験の勉強時間
自分の学力と志望校のレベル、それと現在の時期によって、一日に必要な勉強時間は変わってきます。つまり、人によって違うわけです。志望校に合格できる学力がすでにあるとしても、サボったときに学力が落ちるのは一瞬なので、気を抜かないほうがいいです。自分が朝型か夜型かを把握しておくと、効率よく勉強するのに便利です。平日は1時間から3時間、休日は3時間から6時間程度、勉強に充てることができるようにしましょう。
受験を控えた中学生の夏休みの過ごし方
中学生にとって夏休みはとても大切な時期!特に受験生には、この1ヶ月の過ごし方で、合否の50%が決まるといっても過言ではありません。ではどのように過ごしたら効率がいい勉強ができるのか。実体験からまとめてみました。
中学生にとって勉強習慣はとても大切!受験生はなおさら!
中学生の受験生にとって9月は勉強習慣を確立する大切な時期。子供の力だけだとつらい部分もあるので、親の助けは必須です。この時期には、受ける学校も決まっているので、それに向けて計画を立てていきましょう!
冬休みは受験をする中学生にとって大切な時期
中学生にとって、冬休みは気持ちが緩むところ。でも、受験生にとって、この10日間は大切な時間です!ここでは、冬休みに絶対にしておくべきことについて解説しました。また、12月に行われる最後の個人懇談のポイントについてもまとめました。
高校入試の面接の対策
入試で課される面接は、まず第一印象が肝心です。当日はきちんとした身だしなみで面接に臨みましょう。志望動機はほぼ確実に聞かれます。その高校じゃなきゃいけない理由を具体的に答えられると高得点です。校風や部活の話を絡めるのはおすすめですよ。表情、スピード、声の大きさやハキハキしゃべれているかなどに注意しながら面接の練習をします。出題されやすい質問の答えをあらかじめ考えておき、面接ノートにまとめておくと便利です。
面接試験は高校受験で大切な科目の一つ
面接試験は、ありのままの姿を見せれば大丈夫・・・そう思っているお母さん、これは非常にもったいないです!面接試験で受験の合格を引き寄せることは可能です。ここでは、中学生が最低限やっておくべき面接対策についてまとめました。
受験に備えて時間を意識した勉強にしよう
今月末には、いよいよ私立高校の受験、来月には公立高校の受験が始まります。この時期に意識すべき勉強法は、時間を意識した学習です。中学生にとって、緊張する入試は、時間との戦い。この時期から時間を意識しておくことは非常に大切です。
高校受験の願書の書き方
高校受験の願書は正式な書類なので、記入するときの注意点がいくつかあります。まず、書くときはボールペンを使います。間違えたら訂正印が必要です。願書を何枚かコピーしておいて、それに試し書きするようにしましょう。願書の記入例があれば、それを見ながら書いていきます。住所は正式な書き方で、電話番号は自宅の固定電話の番号を書きます。なければ保護者の携帯番号です。スタンプ印と、消しゴムで消せるボールペンは使わないでください。
受験前日と当日の過ごし方について、中学校教師が解説します!
受験前日になると、何を勉強したらいいかわからない中学生が多いです。そして、緊張してなかなか眠れません。このページでは、受験前日の過ごし方と、受験当日にちょっと意識するだけで体調が劇的に良くなる方法についてまとめました。
高校受験に失敗した場合
保護者の方は、これまでの頑張りをまず認めてあげましょう。人生がこれで終わりではないことも、教えてください。不合格をもらったら、滑り止めの高校にいくのか、別の高校をこれからまた受けるのか考えます。学校によっては二次募集があったり、通信制や定時制の高校も視野に入れてみましょう。今回の失敗を二度としないために、原因を探るのは大切です。保護者の方も一緒になって、本人が自分を見つめなおす時間に付き合ってください。

TOP 定期テストの勉強法 高校受験の勉強法 秘☆5日で成績が上がった話 無料相談