中学3年生の夏休みや冬休みの勉強方法!

長期休暇で効率良く復習しよう!

受験生の長期休暇の過ごし方とは?

 

 

ここでは、中学3年生の
長期休暇の過ごし方について
ご紹介していきます。

 

中学2年生から3年生になる
春休みから高校入試までの、
長期休暇で勉強すべき点をまとめました。

 

どんなことを勉強すればよいか、
分からない人はこの記事を読んで、
しっかりと復習してきましょう!

 

中学3年生の夏休みまでの勉強法

中学3年生の長期休暇の過ごし方次第で、
高校受験の結果は大きく変わってきます。

 

 

まずは、中2から中3になる春休みです。
この時期は、中1と中2の英語と
数学に的を絞って勉強します。

 

 

部活がまだ忙しい時期でもあるので、
平日3時間くらいを勉強に
充てることができれば十分です。
休日は6時間くらいを目指してほしいと思います。

 

 

最初から一気に
3時間できなくても構いません。
だんだん受験生の勉強ペースに
シフトしていきましょう。

 

 

春休みが終わると、今度は夏休みです。
この時期は、中学1年と2年で
習ったことの総復習をします。

 

 

これまでの復習に力を入れられる時間は、
中3の夏休みが最後のチャンスです。

 

 

さらに、中3で習う内容というのは、
中1、中2の応用です。
1学期の振り返りもかねて、中1と中2の
内容をここでしっかり復習しましょう。

 

 

具体的にどういう進め方をすればよいのかというと、
まず書店へ行って高校受験対策用の
問題集を買ってきます。

 

 

それを繰り返し解いていくうちに、
1年と2年の復習ができます。

 

 

時間があるときこそできるのが、暗記です。
英単語や漢字を毎日覚えていきます。

一日でいくつ覚えるかを決めて、
計画的に取り組みましょう。

 

 

一日に10個覚えると決めて毎日やっていけば、
夏休みが終わる頃には400個覚えていることになります。
これができているのといないのとでは、かなり違います。

 

 

夏休みの勉強にもう少し、
詳しく知りたい方は、
こちらのページを参考に
していただければ幸いです。

 

 

>>夏休みの勉強についての記事はこちら

 

 

冬休みの過ごし方

夏休みの次は、冬休みです
冬休みは主に、過去問に力を入れてください。
もしここで勉強があまり結果が出ないということなら、
これまでの勉強法が間違っていた可能性があります。

 

 

冬休みにそれに気づくことができれば、
受験本番までに軌道修正ができます。
これまでの勉強法での改善点を見つける、
最後のチャンスが冬休みです。

 

 

この時期は、クリスマスやお正月があります。
世の中が浮かれている中、自分は受験勉強か・・
なんて悲観的になってはいけません。

 

 

同じ受験生の中には、クリスマスやお正月だけは
一日くらい勉強を休んで楽しんでもいいと
思っている人が必ずいます。
でも、そういうときこそチャンスです。

 

 

他の人が休んでいるときこそ巻き返しを図れます。
勉強時間は最低でも一日5時間を目標にし、
できれば8時間取れたらいいです。
高校受験では、ここがいちばんの頑張りどころです。

 

 

冬休みの勉強について
もっと詳しく知りたい方はこちらを
参照していただければと思います。

 

 

>>冬休みの勉強についてはこちら

 

 

より効率的に実力アップを目指したい人は、
有名な先生が作っている
7日間無料メール講座というものもあります。

 

 

>>【無料】短期間で成績を上げるメール講座があります!に進む

 

 

春休みは最後の追い上げ

私立高校や、公立の推薦入試が
第一志望でもう合格している子以外は、
春休みが最後の追い上げ時期になります。

 

 

このときは一日10時間くらい
勉強する気持ちで、どんどんやってください。
苦手科目に集中して取り組むことと、
面接の練習に力を入れます。

 

 

今まで勉強してきた中で、ひっかかるところ、
気になるところ、不安があればその気持ちを
払拭するように勉強に励みます。

 

 

そうすることでしか、
受験の不安は取り除けません。

 

 

次ページでは、受験のために入る人も多い
塾について解説していきます。
どのような塾に入れば良いのかなど、
まとめました。

 

 

>>高校受験のための塾についての記事に進む

 

 

>>高校受験の勉強法の記事に戻る

 

>>中学勉強法トップページに戻る

 

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 

高校受験に向けて長期休暇の過ごし方<<夏休み・冬休み>>関連ページ

中学生の受験に対する親の心構え
受験を控えた中学生。親としても身が引き締まる4月。ここで、親としても気持ちを切り替えたいところ。ここでは、親としてどのように子供の受験に望むかと、この時期に塾に入るべきかについて解説します。
高校受験のスケジュールの立て方
計画を立てるときにまずやるべきことは、志望校の偏差値と自分の偏差値の差です。合格するのに必要な勉強量と、受験までの残りの日数を計算していきます。教科別にやらなければいけないことを具体的にリスト化するとわかりやすいので、箇条書きで書いていきます。残日数とやるべきことがわかれば、一日の勉強量がわかります。無理のある計画になったときは、早めに志望校を変更したほうがいいです。ワンランク下げるだけでも違いますよ。
高校受験までの流れ
受験に成功する秘訣は、計画をしっかり立てておくことです。中3の夏休みまでに、1〜2年生の復習を終わらせましょう。二学期からは、一学期の復習と高校入試の過去問をします。1〜2年生の応用問題もやっておきましょう。冬休みまでに3年生の一学期の復習を終わらせ、年明けからは過去問を重点的におこないます。最後に、3年間の総復習と面接の練習をするという流れです。受験前日と当日は勉強せずに体調管理の徹底に努めましょう。
進路希望調査の書き方〜受験を控えた中学生のための〜
さあ5月になりました!ここで頭を悩ませるのが進路希望調査。親として何とか子供の受験を成功させたい。でもよくわからない。ここでは、中学生が受験に望む際、失敗しない進路の決め方についてまとめてみました。
行きたい高校の決め方
行きたい高校を見つけることができないのは、情報が足りないからです。やりたい部活がある、かわいい制服が着たい、大学への進学率など、自分なりの視点で情報収集をします。何校か見つけたら今度は資料請求です。次は、実際に現地へ行ってみます。毎日通学することをイメージして見にいってみます。保護者に志望校を反対されたら、この記事を保護者に読ませたり、学校の先生に相談してみましょう。簡単に諦めてはいけません。
中学で推薦を受けるには?
推薦入試で高校に入るには、まずは推薦をゲットする必要があります。推薦は、内申点が一定以上あって、日頃の態度が良好、さらにクラスへの貢献度が高くて部活も頑張ってるなどの基準をクリアしていないともらえません。しかも、推薦をもらえたら必ず合格できるわけではないので、推薦対策と並行して一般入試の勉強も進めます。学校に提出する推薦用作文では、志望動機や中学校で頑張ったこと、高校で頑張りたいことを書けばOKです。
中学生の受験戦略〜個人懇談で進路を決めよう〜
受験を控えた中学生の親にとって、夏休み前の懇談はすごく嫌なものです。でも、この懇談が受験の成功を決めるともいえます。ここでは、夏休み前の個人懇談の先生の話から、進路を決めていく方法について解説しました。
入試作文の書き方
推薦入試で出題されることの多い課題作文には、書き方があります。序文、本文、結論の3段階でまとめるように意識してみてください。これをマスターするために、参考書を一冊用意しましょう。例文を何度も原稿用紙に書いて、流れを掴みます。実際に自分でも書いてみて、完成したら学校の国語の先生などに見てもらいましょう。指摘された箇所を改善しながら何度も書くうちに、どんどんいいものが書けるようになってきますよ。
受験を控えた中学生の夏休みの過ごし方
中学生にとって夏休みはとても大切な時期!特に受験生には、この1ヶ月の過ごし方で、合否の50%が決まるといっても過言ではありません。ではどのように過ごしたら効率がいい勉強ができるのか。実体験からまとめてみました。
中学生にとって勉強習慣はとても大切!受験生はなおさら!
中学生の受験生にとって9月は勉強習慣を確立する大切な時期。子供の力だけだとつらい部分もあるので、親の助けは必須です。この時期には、受ける学校も決まっているので、それに向けて計画を立てていきましょう!
冬休みは受験をする中学生にとって大切な時期
中学生にとって、冬休みは気持ちが緩むところ。でも、受験生にとって、この10日間は大切な時間です!ここでは、冬休みに絶対にしておくべきことについて解説しました。また、12月に行われる最後の個人懇談のポイントについてもまとめました。
面接試験は高校受験で大切な科目の一つ
面接試験は、ありのままの姿を見せれば大丈夫・・・そう思っているお母さん、これは非常にもったいないです!面接試験で受験の合格を引き寄せることは可能です。ここでは、中学生が最低限やっておくべき面接対策についてまとめました。
受験に備えて時間を意識した勉強にしよう
今月末には、いよいよ私立高校の受験、来月には公立高校の受験が始まります。この時期に意識すべき勉強法は、時間を意識した学習です。中学生にとって、緊張する入試は、時間との戦い。この時期から時間を意識しておくことは非常に大切です。
受験前日と当日の過ごし方について、中学校教師が解説します!
受験前日になると、何を勉強したらいいかわからない中学生が多いです。そして、緊張してなかなか眠れません。このページでは、受験前日の過ごし方と、受験当日にちょっと意識するだけで体調が劇的に良くなる方法についてまとめました。

TOP 定期テストの勉強法 高校受験の勉強法 秘☆5日で成績が上がった話 無料相談