勉強の効率を上げる方法はこれだ!

効率の良い勉強法

無駄に時間をかけて勉強していませんか?

 

 

ここでは効率の良い勉強法を伝えます。

 

 

大人もそうですが、
ただ当たり前のように勉強していると
だんだん集中力が切れてきて
効果が半減してしまいます!

 

 

どうせ同じ時間勉強するのであれば、
より効率の良い勉強法にした方がいいです。

 

 

効率の良い勉強法にする上で注意すべきことは
大きく分けて3つあります。

 

  1. 勉強する時間
  2. 食べ物と飲み物
  3. 勉強する日時と時間帯

 

です。順に解説していきます。

可能であれば全てを一度やってみてください!
勉強する時間

大人の集中力が続く時間は

どれくらいか知っていますか?
平均して1時間半と言われています。

 

 

大学の授業が90分なのは
そういった理由からです。
では中学生の集中力が続く時間は
どれくらいか知っていますか?

 

 

個人差がありますが、
平均して50分くらいです。

 

 

中学校の授業が50分なので、
知らないうちに50分間集中する
頭になっているからです。

 

 

これを考えると、
勉強時間は最大でも50分にすべき!です。

 

 

50分しっかりと勉強して、15分くらい休む。
こういったサイクルで勉強を進めていくと
効果が上がります。

 

食べ物と飲み物

実は食べ物と飲み物はとても大切です。

この二つを意識するだけで、
驚くほど集中力が上がります。

 

 

まず食べ物ですが、
炭水化物と糖分を取るようにします。

 

 

炭水化物は長期的なエネルギーになるので、
長時間勉強できます。
糖分は一時的に血糖値をあげてくれるので、
短い間ですが集中力が出ます。

 

 

朝起きたらごはんかパンをきちんと食べて、
休憩にチョコレートなどの糖分を食べる。
これが最も集中力が出る食事です。

 

 

飲み物は、
とにかく水をたくさん摂るようにします。

 

 

水は体の不純物を流してくれる働きがあります。
つまり、勉強で溜まった疲れを
洗い流してくれるわけです。

 

 

これにより長時間勉強できるようになります。
また受験やテストの日のみ、
栄養ドリンクを飲むのもおすすめです。

 

 

カフェインが入っているので
毎日飲むのはオススメしませんが、
たまになら集中力が爆発的に上がります。

 

勉強する日時と時間帯

勉強する日時と時間帯もすごく重要です。

勉強する日時はきちんと計画を立てましょう。
テストの前日には
必ず翌日の教科を勉強するようにします。

 

 

当たり前のことに感じるかもしれませんが、
これが出来ていない中学生が
意外と多いです。

 

 

時間帯ですが、
朝は前日の夜に覚えたものを復習します。
それが終わったら、計算問題など
頭をフル回転させる問題を解くようにします。

 

 

昼は、国語や英語などの文章問題を解きます。
もし眠くなったら15分くらい昼寝をすると、
集中力がかなりUPするのでお勧めです。

 

 

そして、ここからがポイントで、
夜寝る前に暗記系の勉強をします。
英単語、社会の年代などです。

 

 

人間は寝ている間に頭を整理します。
つまり、寝る前は詰めれられるだけ知識を詰めます。
朝起きたら、整理されている知識を復習すると
驚くほど暗記ができるようになります!

 

 

中学生勉強法は、
効率を上げることがとても大切です。
上記の話を意識してやってみましょう。

 

 

次ページでは、
中学の習熟度テストの種類や、
勉強法について解説しました。
参考にしてみてください!

 

>>習熟度テストの記事に進む

 

 

>>【マル秘】私が学年1位を取った方法に進む

 

>>中学生の勉強法(教科別一覧)に戻る

 

>>中学勉強法トップページに戻る

 

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 

効率の良い勉強法<<中学生が高校受験でも使える!>>関連ページ

国語の勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです。教科書の本文を音読する、これが国語の定期テスト対策の基本です。また、裏技として教科書ワークというものもあります。このページでは、国語の定期テスト対策について解説します。
社会の勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです。実は社会の定期テストほど勉強が簡単な教科はありません。ただ、ワークを覚えればいいだけだからです。ここでは中学社会の定期テスト勉強方法について解説します。
理科の勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです。とにかくひたすらワークを繰り返す、これが理科の基本となる定期テスト対策になります。でも多くの中学生ができていません。このページでは、中学理科の定期テスト対策法について解説します。
英語の勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです。教科書の英文を全て暗記する、これが中学英語の定期テスト対策です。難しく感じますが、意外とやればできます。ここでは中学英語の定期テスト対策についてまとめてあります。
数学の勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです。ワークの繰り返し、これが中学数学の定期テスト対策の基本です。ただ、ワークを解くときにもコツがあります!このページでは、中学数学の定期テスト勉強方法についてまとめてあります。
副教科の勉強法
国語や数学などの5教科は一生懸命勉強できるのに、副教科になると何を勉強したらいいのかわからない!こんな中学生が多いです!ただ、音楽、体育、家庭科、美術は少し工夫するとすぐに高得点が取れる勉強法があります!
副教科の勉強法A
副教科の勉強法で悩んでいる中学生、もう安心してください!ここでは、音楽、美術、技術家庭科、保健体育の勉強方法について解説します!最も効率的に勉強するにはどうしたらいいのか?まとめました。
習熟度テストの勉強法
ここでは、中学校の「習熟度テスト」は、4つのテストを意味する場合があります。模試、実力テスト、小テスト、全国学力調査です。模試と実力テストは、範囲が広いので対策しにくいです。とりあえず最近習った範囲を見直すのがベスト。小テストは範囲を教えてもらえることが多いので、そこだけをやれば点は取れます。全国学力調査は範囲が広い上に、内申点にも直結はしません。でも、力試しにはなるのでできるだけ白紙解答のないように取り組みましょう。
中学生の模試の勉強法
ここでは、高校受験用にできている模試についてご紹介していきます。志望校に合格できる確率がどれくらいかを知るためのもので、問題の難易度は高めです。勉強法としては、過去問を繰り返し解くことと、次に受験対策用の問題を繰り返し解くことです。模試は学習塾で開催しているものから自宅で受けるものまであり、受検スタイルは自分で選べます。書店やネットで探してみましょう。実力がつく時期までは、模試の結果に左右されないメンタルも受験には必要です。
実力テストは内心に影響する?
ここでは、範囲の広いと言われる実力テストの中でも出題されやすい問題や、どういった勉強をするのが正しいのかということをご紹介します。3年生は特に入試問題からも実力テストが出ることがあるので、きちんとした勉強方法学んでいきましょう!
中学の準備とは?
ここでは、中学に入学するまでの勉強の準備についてまとめます。中学校では、小学校の内容の振り返りをしてくれません。そのため始まってすぐに躓かないように自分で復習をするようにしましょう。勉強できる環境を整え集中できる空間を作ることで、すぐに勉強に取り組むことができるようになります。
高校受験の勉強法
親としてとても不安なのが高校受験。自分の子供は正しい勉強法をしているのか。実はほとんどの子供は間違った勉強方法をしています。これでは成績は上がりません!ここでは、正しい高校受験の勉強法について解説しました。

TOP 定期テストの勉強法 高校受験の勉強法 秘☆5日で成績が上がった話 無料相談