進路先の見つけ方をご紹介します!

自分に合う高校の見つけ方とは?

行きたい高校を見つける方法

 

行きたい高校の見つけ方!

 

行きたい高校を見つけることは、
受験へのやる気につながり、
勉強効率はかなり上がります。

 

しかし、どんな学校に行けばいいのか
分からないという子もたくさんいます。

 

そこで、自分に合う高校の
見つけ方についてまとめていきます。

 

この記事を読んで、
受験のモチベーションを
上げていきましょう!

 

行きたい高校を見つけること

進路を考えるのは、
行きたい高校を見つけることができれば、
受験勉強のモチベーションは格段に上がります。
でも、見つけるまでに苦労する子が多いのも事実です。

 

 

行きたい高校を見つけるには、
どうすればいいのでしょうか。
まずは、自分で情報収集をしてみることです。

 

 

制服がかわいいところがいいとか、進学率が高いところがいい、
興味のある部活があるかどうかなど、自分なりの視点でOKです。
3年間過ごしたいと思える高校を、探してみましょう。

 

 

情報収集は具体的に
どんなことをすればいいのかというと、
ネットで簡単に調べることができます。

 

 

何校か見つけることができたら、
今度は資料請求をしてみましょう。

 

 

進学情報誌の巻末に
資料請求用のハガキが付いていることもあります。
高校のホームページ上から
資料請求ができる場合も多いです。

 

 

実際に学校見学に行ってみよう

次は、実際にその高校を見に行ってみることです。
通うとなると、毎日その道のりを通学しなくてはいけません。
通えるかどうかも含めて、一度行ってみるのがいちばんです。

 

 

そもそも、子どもが行きたい高校を
見つけることができないのには理由があります。
それは、どんな高校があるのかよく知らないからです。

 

 

中学校が、たくさんの高校の情報を
生徒側に提示してくれることはありません。
学校側もそこまで手が回りません。

 

 

だからこそ、情報は自分で集める必要があります。
子どもが行きたい高校を見つけることができずにいるなら、
保護者が先導を切っても構いません。

 

 

行きたい高校を見つけるのと同時に、
現在の学力も知っておく必要があります。
合格は実現可能なのか、今からがんばれば間に合うのか。

 

 

これは、保護者の方だけでなく、
本人がいちばん知っておかなければならいことです。

 

 

忘れてはいけないのが、
保護者が先導を切って志望校選びを始めたとしても、
最終の決定権は子どもにあるということです。
保護者の方は、きっかけ作りに徹してください。

 

 

具体的に一日どれくらい勉強すれば
志望校に受かるのか、そういうことを考えて初めて、
受験勉強が本格的にスタートします。

 

 

保護者に反対されているとき

子どもが行きたい高校を見つけても、
保護者がそれに反対することもあります。
反対するにも理由があると思います。

 

 

これは、両者がとことん話し合いの場を持つべきです。

 

 

でも、もう無理だと弱気になってきたら、
学校の先生に相談したりこの記事を
保護者の方に読んでもらうなどして
使えるものはどんどん使うようにしてください。

 

 

保護者の方も、最終の決定権は
子どもにあることを忘れないでください。
3年間その学校に通うのは本人です。
受験勉強を乗り越えるのも、本人です。

 

 

子どもの意思を尊重し、
応援してあげることができるのは保護者の方だけです。
その後押しがあれば、どれだけ心強いか知れません。

 

 

7日間で成績がアップする無料メール講座の中にも、
志望校選びに関するお話があります。

こういうものを参考にして、行きたい高校を
探してみるのもいいでしょう。

 

 

>>【無料】短期間で成績を上げるメール講座があります!に進む

 

 

次ページでは、
推薦入試についてまとめました。
中学校で推薦をもらうには、
どんなことが必要なのかまとめました。

 

 

推薦入試についての記事に進む

 

 

>>中学生の勉強法(教科別一覧)に戻る

 

>>中学勉強法トップページに戻る

 

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 

行きたい高校の決め方<<反対された場合の対策とは?>>関連ページ

中学生の受験に対する親の心構え
受験を控えた中学生。親としても身が引き締まる4月。ここで、親としても気持ちを切り替えたいところ。ここでは、親としてどのように子供の受験に望むかと、この時期に塾に入るべきかについて解説します。
高校受験のスケジュールの立て方
計画を立てるときにまずやるべきことは、志望校の偏差値と自分の偏差値の差です。合格するのに必要な勉強量と、受験までの残りの日数を計算していきます。教科別にやらなければいけないことを具体的にリスト化するとわかりやすいので、箇条書きで書いていきます。残日数とやるべきことがわかれば、一日の勉強量がわかります。無理のある計画になったときは、早めに志望校を変更したほうがいいです。ワンランク下げるだけでも違いますよ。
高校受験までの流れ
受験に成功する秘訣は、計画をしっかり立てておくことです。中3の夏休みまでに、1〜2年生の復習を終わらせましょう。二学期からは、一学期の復習と高校入試の過去問をします。1〜2年生の応用問題もやっておきましょう。冬休みまでに3年生の一学期の復習を終わらせ、年明けからは過去問を重点的におこないます。最後に、3年間の総復習と面接の練習をするという流れです。受験前日と当日は勉強せずに体調管理の徹底に努めましょう。
進路希望調査の書き方〜受験を控えた中学生のための〜
さあ5月になりました!ここで頭を悩ませるのが進路希望調査。親として何とか子供の受験を成功させたい。でもよくわからない。ここでは、中学生が受験に望む際、失敗しない進路の決め方についてまとめてみました。
中学生の受験戦略〜個人懇談で進路を決めよう〜
受験を控えた中学生の親にとって、夏休み前の懇談はすごく嫌なものです。でも、この懇談が受験の成功を決めるともいえます。ここでは、夏休み前の個人懇談の先生の話から、進路を決めていく方法について解説しました。
受験を控えた中学生の夏休みの過ごし方
中学生にとって夏休みはとても大切な時期!特に受験生には、この1ヶ月の過ごし方で、合否の50%が決まるといっても過言ではありません。ではどのように過ごしたら効率がいい勉強ができるのか。実体験からまとめてみました。
中学生にとって勉強習慣はとても大切!受験生はなおさら!
中学生の受験生にとって9月は勉強習慣を確立する大切な時期。子供の力だけだとつらい部分もあるので、親の助けは必須です。この時期には、受ける学校も決まっているので、それに向けて計画を立てていきましょう!
冬休みは受験をする中学生にとって大切な時期
中学生にとって、冬休みは気持ちが緩むところ。でも、受験生にとって、この10日間は大切な時間です!ここでは、冬休みに絶対にしておくべきことについて解説しました。また、12月に行われる最後の個人懇談のポイントについてもまとめました。
面接試験は高校受験で大切な科目の一つ
面接試験は、ありのままの姿を見せれば大丈夫・・・そう思っているお母さん、これは非常にもったいないです!面接試験で受験の合格を引き寄せることは可能です。ここでは、中学生が最低限やっておくべき面接対策についてまとめました。
受験に備えて時間を意識した勉強にしよう
今月末には、いよいよ私立高校の受験、来月には公立高校の受験が始まります。この時期に意識すべき勉強法は、時間を意識した学習です。中学生にとって、緊張する入試は、時間との戦い。この時期から時間を意識しておくことは非常に大切です。
受験前日と当日の過ごし方について、中学校教師が解説します!
受験前日になると、何を勉強したらいいかわからない中学生が多いです。そして、緊張してなかなか眠れません。このページでは、受験前日の過ごし方と、受験当日にちょっと意識するだけで体調が劇的に良くなる方法についてまとめました。

TOP 定期テストの勉強法 高校受験の勉強法 秘☆5日で成績が上がった話 無料相談