進路希望調査が中学生の受験の成功を決める!

中学生でも、進路は子供に決めさせるべき!

5月になって、第1回進路希望調査がやってきました!
中学2年生のころから考えている子供であれば、
すらすら書けるのですが、なかなかそうはいかないもの・・・
ここでは、進路希望調査の書き方についてまとめました。

 

 

進路の決め方の基本は夢を中心に考える

まず、進路の決め方の基本をお伝えします。
進路を決めるとき多くの親が間違えてしまうのが、
少しでもレベルの高い高校にしてしまうことです!

 

 

確かに学力が高いほうがその後の選択肢が増えるのは事実です。
でも、既に夢がある子供の進路を、高校のレベルで考えるのは
やめた方がいいと思います。
イチローは愛知県で最も野球が強かった名電高校に入りました。
イチローの学力はトップクラスだったので、勉強に集中すれば
ラサール高校に入れたかもしれません。

 

 

でも、イチローがラサール高校に入って甲子園に出られなかったら、
野球選手にはなれずに不幸な人生を送っていたわけです。

 

 

もし現在子供に夢があるのであれば、
その夢を叶えるための最短ルートを考えて進路を選ぶべきです。
歌舞伎俳優が夢ならば、
高校へ行かず弟子入りした方が子供は幸せになれるわけです。

 

夢がない場合は、とりあえずレベルの高い普通科高校を進める

もし、現在夢がない場合は、夢ができたときのことを考えます。
すると、夢が出来た時点で、
よりその夢が叶うための進路を選ぶべきです。

 

 

と考えると、より選択肢が多い普通科高校に入るのがおすすめです。
工業や商業に入ると、選択肢が少なくなってしまいます。
また、普通科高校の中でもレベルが高い学校の方が、
選択肢が多いのも事実です。
子供が努力すれば入れるレベルで、より上のレベルの学校を選びましょう!

 

距離や部活もきちんと考えよう

距離や場所も重要です。
田舎から出たい子供ならば、都会の学校を選ぶべきですし、
なるべく遅くまで寝ていたい子供ならば、近い学校を選ぶべきです。

 

 

もし入りたい部活が決まっている場合、
その部活があるかどうかも調べるべきです。
やりたくない部活を3年間続けるのはしんどいので、
きちんと調べてから入るようにしましょう!

 

 

距離や部活は子供の意見を尊重してあげた方がいいです。
親として、いろいろ言いたくなるかもしれませんが、
高校に通うのは子供なのです。
子供の意見を尊重してあげた方がいいのではないかと思います。

 

 

 

>>中学生の受験に対する親が出来ること一覧に戻る

 

>>中学勉強法トップページに戻る

 

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 

進路希望調査の書き方〜受験を控えた中学生のための〜関連ページ

中学生の受験に対する親の心構え
受験を控えた中学生。親としても身が引き締まる4月。ここで、親としても気持ちを切り替えたいところ。ここでは、親としてどのように子供の受験に望むかと、この時期に塾に入るべきかについて解説します。
中学生の受験戦略〜個人懇談で進路を決めよう〜
受験を控えた中学生の親にとって、夏休み前の懇談はすごく嫌なものです。でも、この懇談が受験の成功を決めるともいえます。ここでは、夏休み前の個人懇談の先生の話から、進路を決めていく方法について解説しました。
受験を控えた中学生の夏休みの過ごし方
中学生にとって夏休みはとても大切な時期!特に受験生には、この1ヶ月の過ごし方で、合否の50%が決まるといっても過言ではありません。ではどのように過ごしたら効率がいい勉強ができるのか。実体験からまとめてみました。
中学生にとって勉強習慣はとても大切!受験生はなおさら!
中学生の受験生にとって9月は勉強習慣を確立する大切な時期。子供の力だけだとつらい部分もあるので、親の助けは必須です。この時期には、受ける学校も決まっているので、それに向けて計画を立てていきましょう!
冬休みは受験をする中学生にとって大切な時期
中学生にとって、冬休みは気持ちが緩むところ。でも、受験生にとって、この10日間は大切な時間です!ここでは、冬休みに絶対にしておくべきことについて解説しました。また、12月に行われる最後の個人懇談のポイントについてもまとめました。
面接試験は高校受験で大切な科目の一つ
面接試験は、ありのままの姿を見せれば大丈夫・・・そう思っているお母さん、これは非常にもったいないです!面接試験で受験の合格を引き寄せることは可能です。ここでは、中学生が最低限やっておくべき面接対策についてまとめました。
受験に備えて時間を意識した勉強にしよう
今月末には、いよいよ私立高校の受験、来月には公立高校の受験が始まります。この時期に意識すべき勉強法は、時間を意識した学習です。中学生にとって、緊張する入試は、時間との戦い。この時期から時間を意識しておくことは非常に大切です。
受験前日と当日の過ごし方について、中学校教師が解説します!
受験前日になると、何を勉強したらいいかわからない中学生が多いです。そして、緊張してなかなか眠れません。このページでは、受験前日の過ごし方と、受験当日にちょっと意識するだけで体調が劇的に良くなる方法についてまとめました。

TOP 定期テストの勉強法 高校受験の勉強法 秘☆5日で成績が上がった話 無料相談