1,2年生の各教科のおさらいの仕方をまとめました!

中学生の学年ごとの復習方法をご紹介します!

中学生の復習の仕方とは?

 

 

中学2年生の冬くらいから、
受験を意識して
焦り始める子が多いです。

 

2年生までの復習は、
3年生になるまでにある程度
やっておくのが理想ですが、
どのように進めるのが効率的か悩みますよね。

 

ここでは、1、2年生の復習を
どうやって進めていけばいいのか説明します。

 

教科ごとに復習方法は違う

教科ごとに、効果的な復習方法は異なります。
まず、国語では漢字、文法、古文と漢文があります。

 

 

漢字がいちばん時間がかかるので、
早めに取り掛かってください。
古文と漢文については覚えることが
限られているので後回しにしても大丈夫です。

 

 

数学は、1、2年生の教科書に
載っている例題をまず解いていきます。

例題なら丁寧な解説が載っているので、
すらすら進みますよ。

 

 

応用問題まで全部やろうと思うと
時間がかかりすぎるので、
基本問題を中心に進めていきます。

 

 

短い時間で、できるだけ
多くの範囲に触れること意識します。

 

 

理科と社会の場合は、
教科書は使わず学校のワークを
中心に進めていきましょう。
教科書の内容がワークに全て載っているからです。

 

 

これも全部やろうとすると時間がかかるので、
基本問題をメインに進めます。

 

 

英語は、単語と文法を1つずつ復習してください。
3年生のスタートをスムーズにするためにも、
1つずつ頭に入れ直すのは重要です。

 

 

もしすでに3年生になっているのであれば、
受験対策用の参考書で単語や熟語の要点を
掴みながら復習していくのもおすすめです。

 

 

時期によっても違う勉強法

1、2年生はまだあまり
受験を意識していないので、
日頃からコツコツ勉強するのが
苦手な人もいるかもしれません。

 

 

そんな人にぜひやってもらいたいのが、
長期休みを利用して一気に復習することです。

 

 

長期休みはいつもより時間がある上に、
宿題などで出されている教材は復習にぴったりです。

 

 

うまく要点がまとめられているので、
それを使って復習をしていけば、
休み明けの実力テスト対策にもなります。

 

 

3年生になったら…

ここまで述べた内容は、
できれば中2の2月くらいまでに
終えて欲しいことです。

 

 

3年生になったら、
復習をメインに進めるのではなく
受験勉強にシフトしていきましょう。

 

 

受験に向けた勉強も、もちろん復習が大事です。
でも、受験対策の問題をどんどん解いて
点数を取らないと合格できません。

 

 

復習で基礎をしっかり身に
付けておくことがどれほど大切か、
よくわかると思います。

 

 

3年生になっても中学校では定期テストがあります。
テスト3週間前からはテスト勉強をするようにして、
それ以外の時期を日々の予習や復習、
受験勉強に充ててください。

 

 

テストの成績は内申点に影響するので、
時期によって勉強する内容を
変えていく器用さも必要です。

 

 

多くの内容を復習したり、
受験勉強に取り組み始めると元々覚えていた
内容でも忘れてしまうことがあります。

そうなると、きちんと復習をしたのがもったいないですよね。

 

 

7日間で成績がアップする無料メール講座では、
忘れてしまう可能性を少なくする方法が紹介されています。
一度、参考にしてみるのもいいかもしれません。

 

 

>>【無料】短期間で成績を上げるメール講座があります!に進む

 

 

次ページでは、中学1年生の
国語の勉強方法について
まとめたので参考にしてみてください!

 

 

>>中1の国語の勉強についての記事に進む

 

 

>>中学生の学年別の勉強方法の記事に戻る

 

>>中学勉強法トップページに戻る

 

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 

中学生学年別の復習方法<<各教科のやり方を解説します>>関連ページ

中学1年生の国語の勉強法
漢字は、部首と四字熟語です。慣用句とことわざもテストに出ます。これらは単語帳を活用して覚えるのがおすすめです。主語や述語など文の成分については、問題を解いて覚えます。古典は、一年生のうちはとりあえず読めればOKです。敬語は覚えることがたくさんありますが、一生使える知識なのでこれを機に覚えてしまうほうがいいです。長文読解のスキルを身に付けたいのであれば、読書を習慣にすることをおすすめします。
中学1年生の英語の勉強法
英単語が覚えられない原因は、勉強不足です。単語帳を活用しながら、何度も書いて覚えてください。英文法は、例文をそのまま覚えます。それにより、文法を使って文を作る問題でも苦労しません。音読は、目と耳と口から効率的に覚えることができるのでおすすめです。長文読解も、例文を覚えていればすらすら読むことができるようになります。テスト対策だけでなく受験でも有利になるので、例文をそのまま覚えるのはかなりおすすめです。
中学1年生の社会の勉強法
地理は、海外に興味が持てれば強いです。海外旅行もいいですし、海外の生活習慣や観光地を紹介する番組、youtubeを見るのもいいと思います。グラフによる問題が多いので、教科書やワークにあるグラフを見て覚えましょう。歴史は暗記さえすれば80点くらいは簡単に取れます。これを100点に引き上げたいのであれば、歴史漫画を読むのがおすすめです。流れを詳しく把握できるので、定期テストだけでなく受験対策にも役立ちます。

TOP 定期テストの勉強法 高校受験の勉強法 秘☆5日で成績が上がった話 無料相談