小学校から進学するまでにやっておくべきこととは?

実力テストの勉強法は?

中学校の勉強の準備

 

中学校に進学するまでにやっておいた方が良いこと

 

これから中学生になる、
小学校5年生や6年生のみなさん。

 

 

中学生になる準備として、
どんな勉強をしておいたらいいのか
不安に思っていたりしませんか?

 

 

小学校と中学校では、
テスト勉強の方法も違います。
さらには、筆箱に入れておくべき文房具も。

 

 

中学校に入る前に、
必要な準備について今からお話しますね。

 

 

2つの教科と問題集

入学までに復習しておいてほしい
教科が、2つあります。
それは、国語と算数です。

 

 

国語は、小学校6年間で
学んだ漢字を復習してください。
中学校では、小学校で学んだ内容は
もう「わかっているもの」として授業が進みます。

 

 

小学校の内容で頭に入っていない部分があっても、
学校で丁寧に振り返りをしてくれないのが普通です。

 

漢字ドリル

 

小学校で学んだ漢字を総復習しておくことは、
いずれ高校生や大学生、
社会人になるときでも役に立ちます。
この機会に、漢字の復習に力を入れてみましょう。

 

 

次に、算数です。
算数は、中学生になると
「数学」という名前に変わります。

 

 

算数という言葉の意味は「数をかぞえる」です。
数学とは字の通り、「数を学ぶ」です。

 

算数は数学と名前が変わります

 

小学校では数をかぞえて頭を使っていたのが、
中学生になるとその知識を応用した、
様々な学びが待っています。

 

 

そして今度は、中学校での知識を応用して
更に高度な内容を高校で学ぶことになるわけですが、
最も大事なのは小学校で行った基礎の部分です。

 

 

基礎がしっかりできていないことには、
その上に積み重ねていくことができません。

 

 

小学校で学んだ算数の総復習をしておくことで、
中学の数学にスムーズに移行できるようになります。

 

 

2教科以外の勉強

他の教科については、
余裕があれば復習してください。

 

 

小学校で習った部分を
中学校で再度学ぶ教科が多いので、
国語と算数以外はあまり頑張って
復習しようとしなくていいです。

 

 

小学校の復習をするとき、
どんな問題集を使うのがいいか迷うと思います。

 

 

書店へ行くと、たくさんの種類の問題集が置かれているので、
お子さんと保護者の方が一緒に行って、
実際に手に取ってみて本人が
使いやすそうなものを買うのがいちばんです。

 

問題集

 

それでも、どれを選べばいいのかわからない・・というときは、
有名なカリスマ先生が最適な問題集を
教えてくれるというメールサービスもありますよ。

 

 

それ以外に大事なことといえば、
中学校の入学式までに
勉強部屋を作っておくことです。

 

 

まず、勉強に対する意識を
変えていく必要があります。
きちんと勉強しないと定期テストでは
点数が取れないのが中学校です。

 

 

塾に通っているなら
そこの自習室でも構いません。
集中して勉強できる環境を、
この際確保しておきましょう。

 

 

筆箱の中身も見直す

持っておくべき文房具も変化します。
小学校ではたくさんの種類のマーカーを
筆箱に入れていた人もいるでしょう。

 

筆箱

 

でも、中学校ではあまり
そういうものは必要なくなります。

 

 

自分のノートを見直したときに、
どこが重要なポイントなのか。
それが分かるように、色ペンはせいぜい
3種類くらいあれば十分です。

 

 

3色ボールペンが一本あるだけでもいいです。

 

 

次ページでは、小学校の復習テストの
対策について解説しています。
小学校の復習の仕方を学んで、
復習テストで高得点を目指しましょう!

 

 

>>復習テストの記事に進む

 

>>【無料】短期間で成績を上げるメール講座があります!に進む

 

>>中学生の勉強法(教科別一覧)に戻る

 

>>中学勉強法トップページに戻る

 

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 

中学の準備とは?<<問題集の選び方から文房具まで解説>>関連ページ

国語の勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです。教科書の本文を音読する、これが国語の定期テスト対策の基本です。また、裏技として教科書ワークというものもあります。このページでは、国語の定期テスト対策について解説します。
社会の勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです。実は社会の定期テストほど勉強が簡単な教科はありません。ただ、ワークを覚えればいいだけだからです。ここでは中学社会の定期テスト勉強方法について解説します。
理科の勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです。とにかくひたすらワークを繰り返す、これが理科の基本となる定期テスト対策になります。でも多くの中学生ができていません。このページでは、中学理科の定期テスト対策法について解説します。
英語の勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです。教科書の英文を全て暗記する、これが中学英語の定期テスト対策です。難しく感じますが、意外とやればできます。ここでは中学英語の定期テスト対策についてまとめてあります。
数学の勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです。ワークの繰り返し、これが中学数学の定期テスト対策の基本です。ただ、ワークを解くときにもコツがあります!このページでは、中学数学の定期テスト勉強方法についてまとめてあります。
副教科の勉強法
国語や数学などの5教科は一生懸命勉強できるのに、副教科になると何を勉強したらいいのかわからない!こんな中学生が多いです!ただ、音楽、体育、家庭科、美術は少し工夫するとすぐに高得点が取れる勉強法があります!
副教科の勉強法A
副教科の勉強法で悩んでいる中学生、もう安心してください!ここでは、音楽、美術、技術家庭科、保健体育の勉強方法について解説します!最も効率的に勉強するにはどうしたらいいのか?まとめました。
効率の良い勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです!勉強をする上で最も大切なことは、効率を上げることです。とにかく短時間で成績を上げる。すると子供のやる気もUPします。このページでは効率のよい勉強方法について解説します。
習熟度テストの勉強法
ここでは、中学校の「習熟度テスト」は、4つのテストを意味する場合があります。模試、実力テスト、小テスト、全国学力調査です。模試と実力テストは、範囲が広いので対策しにくいです。とりあえず最近習った範囲を見直すのがベスト。小テストは範囲を教えてもらえることが多いので、そこだけをやれば点は取れます。全国学力調査は範囲が広い上に、内申点にも直結はしません。でも、力試しにはなるのでできるだけ白紙解答のないように取り組みましょう。
中学生の模試の勉強法
ここでは、高校受験用にできている模試についてご紹介していきます。志望校に合格できる確率がどれくらいかを知るためのもので、問題の難易度は高めです。勉強法としては、過去問を繰り返し解くことと、次に受験対策用の問題を繰り返し解くことです。模試は学習塾で開催しているものから自宅で受けるものまであり、受検スタイルは自分で選べます。書店やネットで探してみましょう。実力がつく時期までは、模試の結果に左右されないメンタルも受験には必要です。
実力テストは内心に影響する?
ここでは、範囲の広いと言われる実力テストの中でも出題されやすい問題や、どういった勉強をするのが正しいのかということをご紹介します。3年生は特に入試問題からも実力テストが出ることがあるので、きちんとした勉強方法学んでいきましょう!
高校受験の勉強法
親としてとても不安なのが高校受験。自分の子供は正しい勉強法をしているのか。実はほとんどの子供は間違った勉強方法をしています。これでは成績は上がりません!ここでは、正しい高校受験の勉強法について解説しました。

TOP 定期テストの勉強法 高校受験の勉強法 秘☆5日で成績が上がった話 無料相談