高校入試統一テストの点の取り方についてご紹介します!

模試で良い結果を出すには過去問!

中学校の模試の勉強法!

 

模試で高得点を取る勉強法

 

中学2年生の夏頃を機に、
模試を受けることが増えてきます。
模試は、学校の課題を
やっているだけでは点数が取れません。

 

 

模試というのは、高校受験のためのテストだと考えましょう。
(高校入試統一テストと呼ばれることもあります。)
志望校に合格できる確率が、現時点でどれくらいあるのか。
それを判定するためのテストが模試です。

 

全国の中学生が受けるので、
レベルはわざと高めに設定されています。

 

 

学校のテストではいつも成績の良い人でも、
模試になった途端にガクンと点数が
下がってしまうのはむしろ当然なんです。

 

 

模試の勉強法 まずは過去問

では、どうやって模試の対策をすればよいのでしょうか。
模試には模試の勉強法があるので、それをお話しますね。

 

 

必ずやってもらいたいのは、
過去問を解いてみることです。

学校のテストとは雰囲気が
全くちがうことがすぐに分かると思います。

 

 

模試の過去問を、最低でも3回は解きましょう。
3回やるうちに、問題の傾向やパターンが
少しずつ分かってくると思います。

 

 

また、模試では「時間が足りない」
ということがよくあります。

 

 

いつものペースで進めていくと、
最後の問題まで辿り着かない・・
ということになってしまいます。

 

 

そこで、過去問を解くときに意識してほしいのが
制限時間内に終わらせることです。

 

 

問題の雰囲気が分かってきたら、
今度は時間を計りながら
過去問を解いてみましょう。

 

 

つぎは、受験対策の問題集へ

過去問をやったら、今度は
高校受験対策用の問題集を探します。
書店へ行けば、たくさんの問題集があります。

 

 

受験対策用の問題を
繰り返し解いてみる
ことで、
確実に実力はついていきます。

 

 

勉強するとき、「わからない」を
そのままにしておかないことです。
1つ間違えるごとに、なぜ間違いなのか、
そこを納得した上で次へ進みましょう。

 

 

解答を見るだけでは、
意味がわからない問題も出てくると思います。
そんなときは、学校の先生や
塾の先生に質問してみるのがいいです。

 

 

模試はどこで受ける?

模試の情報は基本的に
自分で仕入れる必要があります。

 

 

塾に通っている場合は、
塾を窓口として模試の情報が入ってきます。

 

 

塾に通っていない場合は、
書店やネットで模試の申し込みをするか、
自宅に模試の問題を郵送してもらって
自宅で受検するといった方法があります。

 

 

大手の学習塾では、
外部生も受講できる模試を開催しています。

 

 

例えば、河合塾で行っているものは一回4000円で、
河合塾の校舎で受検するようになっています。
ただこの模試は、中学3年生しか受けられません。

 

 

1、2年生も受けられるものであれば、
駿台公開テストがあります。

駿台という学習塾が行っている模試です。

 

 

こちらも値段は一回4000円で、
駿台の校舎で受検します。

 

 

たしかな実力が身に付いてくる
3年生の夏頃までは、模試の結果に
いちいち一喜一憂する必要はありません。

 

 

確実に実力を上げるための、効率的な勉強法を
紹介しているメール講座というのも世の中にはあります。
自分1人では勉強が進められそうにない人は、
こういうものに頼ってみるのもいいかもしれません。

 

 

>>【無料】短期間で成績を上げるメール講座があります!に進む

 

 

次ページでは、
実力テストについてまとめました。
出題されやすい問題もまとめたので、
対策していきましょう!

 

>>実力テストの記事に進む

 

>>中学生の勉強法(教科別一覧)に戻る

 

>>中学勉強法トップページに戻る

 

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 

中学生の模試の勉強法<<過去問や申し込み仕方まで解説>>関連ページ

国語の勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです。教科書の本文を音読する、これが国語の定期テスト対策の基本です。また、裏技として教科書ワークというものもあります。このページでは、国語の定期テスト対策について解説します。
社会の勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです。実は社会の定期テストほど勉強が簡単な教科はありません。ただ、ワークを覚えればいいだけだからです。ここでは中学社会の定期テスト勉強方法について解説します。
理科の勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです。とにかくひたすらワークを繰り返す、これが理科の基本となる定期テスト対策になります。でも多くの中学生ができていません。このページでは、中学理科の定期テスト対策法について解説します。
英語の勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです。教科書の英文を全て暗記する、これが中学英語の定期テスト対策です。難しく感じますが、意外とやればできます。ここでは中学英語の定期テスト対策についてまとめてあります。
数学の勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです。ワークの繰り返し、これが中学数学の定期テスト対策の基本です。ただ、ワークを解くときにもコツがあります!このページでは、中学数学の定期テスト勉強方法についてまとめてあります。
副教科の勉強法
国語や数学などの5教科は一生懸命勉強できるのに、副教科になると何を勉強したらいいのかわからない!こんな中学生が多いです!ただ、音楽、体育、家庭科、美術は少し工夫するとすぐに高得点が取れる勉強法があります!
副教科の勉強法A
副教科の勉強法で悩んでいる中学生、もう安心してください!ここでは、音楽、美術、技術家庭科、保健体育の勉強方法について解説します!最も効率的に勉強するにはどうしたらいいのか?まとめました。
効率の良い勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです!勉強をする上で最も大切なことは、効率を上げることです。とにかく短時間で成績を上げる。すると子供のやる気もUPします。このページでは効率のよい勉強方法について解説します。
習熟度テストの勉強法
ここでは、中学校の「習熟度テスト」は、4つのテストを意味する場合があります。模試、実力テスト、小テスト、全国学力調査です。模試と実力テストは、範囲が広いので対策しにくいです。とりあえず最近習った範囲を見直すのがベスト。小テストは範囲を教えてもらえることが多いので、そこだけをやれば点は取れます。全国学力調査は範囲が広い上に、内申点にも直結はしません。でも、力試しにはなるのでできるだけ白紙解答のないように取り組みましょう。
高校受験の勉強法
親としてとても不安なのが高校受験。自分の子供は正しい勉強法をしているのか。実はほとんどの子供は間違った勉強方法をしています。これでは成績は上がりません!ここでは、正しい高校受験の勉強法について解説しました。

TOP 定期テストの勉強法 高校受験の勉強法 秘☆5日で成績が上がった話 無料相談