定期テストよりも難易度の高い試験で結果を出すには?

実力テストの勉強法は?

中学校の実力テスト対策

 

 

実力テストは、出題範囲が広いので
対策しづらいと思っていませんか?

 

 

実は案外、直近の課題から
出題されることが多いんです。
長期休み中の課題や最近習った
範囲を念入りに見直してみましょう。

 

 

中3はテスト対策プラス
入試問題も見ておくのが良いです。

入試問題の中から実力テストが
出題されることもありますよ。

 

 

また、実力テストの過去問がある場合は
その中から出題されることも十分あるので、
きちんと問題を解いておきましょう。

 

 

中学校の実力テストの勉強法

中学校では、長期休み明けや学期末に
実力テストが行われることがあります。

学校によってはこれを
習熟度テストと呼ぶこともあります。

 

 

実力テストは出題範囲が、
広いので対策がしにくいです。
学校によっては「これまで習った範囲全て」が
テスト範囲ということもあります。

 

 

こうなるともうみんな
やる気を失って勉強しなくなるので、
全体の平均点も低くなりやすいです。

 

 

そんな実力テストですが、
効果的な勉強法がないわけではありません。

 

 

平均点があまりに低いと先生も気にする

実力テストは平均点が
低くなりやすいと先に申し上げました。
これ、実は出題している側の先生も
気にしていることなんです。

 

 

そこで、少しでもみんなが
点数を取れるように、長期休みの間の
課題や最近習った範囲の中から、
そっくりそのままな問題や、

 

 

数字が入れ替わっただけなど
どこかで見たことあるぞ?という問題が
出されることが多々あります。

 

 

つまり、実力テストの対策は
最近の問題を特に念入りに
見直しておくのがベストです。

 

 

実力テストの勉強法は学年ごとに違いがあるのか

次に、実力テストの勉強法は
各学年によって何か違いがあるのか
ということについてお話します。

 

 

基本的に大きな違いはないですが、
中3だけはこれまで習った範囲プラス
高校入試問題が出される場合も
あることを知っておいたほうがいいでしょう。

 

 

その場合の対策として、
高校入試問題のテキストにも
目を通しておくのが良いです。

 

 

高校入試問題も、
出題傾向は毎年そこまで
大きな変化はありません。

 

 

どこかで見たような問題が毎年出題されているので、
実力テストの勉強をするときに入試問題も
見ておけば入試対策にも役立ちます。

 

 

中1と中2の場合は、
先に述べた通り最近の課題や
長期休み中に復習した範囲を見直すことで
実力テスト対策につながります。

 

 

実力テストの勉強に
これまで習った範囲を総復習すれば、
苦手分野の発見にもなりますね。

 

 

実力テストの勉強法は学年ごとに違いがあるのか

学校によっては、
過去問をもらえることがあります。

 

 

その場合、かなりの確率で
過去問から似たような問題、
または全く同じ問題が出題されるので、
対策がしやすいです。

 

 

実力テストの成績が内申に直結するかどうかは、
勉強する際に気になるところだと思います。
実はこれは、学校によって違います。

 

 

なので、実力テストの成績が
受験などに影響するかどうかは
先生しか分からないです。

 

 

もし仮に、実力テストと定期テストが
同じ時期にあるのなら定期テストの勉強を
優先させるほうが得策といえます。

 

 

成績に影響するかどうか
判断しづらい実力テストに比べて、
定期テストはほぼ100%成績に
直結すると考えて良いからです。

 

 

あまりにテスト三昧だと
みんな疲れてしまうと思いますが、
出題範囲が被っている部分が必ずあるので

 

 

定期テストの
勉強をしていれば実力テストに
対応できる知識も必然と身に付きます。

 

 

どうしても効率的に実力テストの点数アップを狙いたい人は、
有名な先生が作っている無料メール講座というものも
あるので、参考にしてみるのも良いかもしれません。

 

 

>>【無料】短期間で成績を上げるメール講座があります!に進む

 

 

次ページでは、
効率の良い勉強法について解説します。
この理論を理解しておくと、
実力テストの点数も大きく上がりますよ!

 

 

>>効率の良い勉強法の記事に進む

 

 

>>中学生の勉強法(教科別一覧)に戻る

 

>>中学勉強法トップページに戻る

 

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 

実力テストは内心に影響する?<<偏差値を上げる方法>>関連ページ

国語の勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです。教科書の本文を音読する、これが国語の定期テスト対策の基本です。また、裏技として教科書ワークというものもあります。このページでは、国語の定期テスト対策について解説します。
社会の勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです。実は社会の定期テストほど勉強が簡単な教科はありません。ただ、ワークを覚えればいいだけだからです。ここでは中学社会の定期テスト勉強方法について解説します。
理科の勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです。とにかくひたすらワークを繰り返す、これが理科の基本となる定期テスト対策になります。でも多くの中学生ができていません。このページでは、中学理科の定期テスト対策法について解説します。
英語の勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです。教科書の英文を全て暗記する、これが中学英語の定期テスト対策です。難しく感じますが、意外とやればできます。ここでは中学英語の定期テスト対策についてまとめてあります。
数学の勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです。ワークの繰り返し、これが中学数学の定期テスト対策の基本です。ただ、ワークを解くときにもコツがあります!このページでは、中学数学の定期テスト勉強方法についてまとめてあります。
副教科の勉強法
国語や数学などの5教科は一生懸命勉強できるのに、副教科になると何を勉強したらいいのかわからない!こんな中学生が多いです!ただ、音楽、体育、家庭科、美術は少し工夫するとすぐに高得点が取れる勉強法があります!
副教科の勉強法A
副教科の勉強法で悩んでいる中学生、もう安心してください!ここでは、音楽、美術、技術家庭科、保健体育の勉強方法について解説します!最も効率的に勉強するにはどうしたらいいのか?まとめました。
効率の良い勉強法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです!勉強をする上で最も大切なことは、効率を上げることです。とにかく短時間で成績を上げる。すると子供のやる気もUPします。このページでは効率のよい勉強方法について解説します。
習熟度テストの勉強法
ここでは、中学校の「習熟度テスト」は、4つのテストを意味する場合があります。模試、実力テスト、小テスト、全国学力調査です。模試と実力テストは、範囲が広いので対策しにくいです。とりあえず最近習った範囲を見直すのがベスト。小テストは範囲を教えてもらえることが多いので、そこだけをやれば点は取れます。全国学力調査は範囲が広い上に、内申点にも直結はしません。でも、力試しにはなるのでできるだけ白紙解答のないように取り組みましょう。
中学生の模試の勉強法
ここでは、高校受験用にできている模試についてご紹介していきます。志望校に合格できる確率がどれくらいかを知るためのもので、問題の難易度は高めです。勉強法としては、過去問を繰り返し解くことと、次に受験対策用の問題を繰り返し解くことです。模試は学習塾で開催しているものから自宅で受けるものまであり、受検スタイルは自分で選べます。書店やネットで探してみましょう。実力がつく時期までは、模試の結果に左右されないメンタルも受験には必要です。
中学の準備とは?
ここでは、中学に入学するまでの勉強の準備についてまとめます。中学校では、小学校の内容の振り返りをしてくれません。そのため始まってすぐに躓かないように自分で復習をするようにしましょう。勉強できる環境を整え集中できる空間を作ることで、すぐに勉強に取り組むことができるようになります。
高校受験の勉強法
親としてとても不安なのが高校受験。自分の子供は正しい勉強法をしているのか。実はほとんどの子供は間違った勉強方法をしています。これでは成績は上がりません!ここでは、正しい高校受験の勉強法について解説しました。

TOP 定期テストの勉強法 高校受験の勉強法 秘☆5日で成績が上がった話 無料相談