片親でも大丈夫!思春期の子供への対応

片親の子育ては大変!思春期だから荒れてしまうわけではない!

片親を言い訳にするのはもうやめませんか?

 

 

荒れてしまっている子供のほとんどは片親です。
仮に母子家庭だとして、この理由を説明していきます。
本来、父親が働いているので、母親は家事をする時間があります。
家事をするときは家にいるので、おのずと子供と接する時間が増えます。

 

 

ただ、母子家庭の場合、母親が働きに行かないといけません。
子供がいる家庭でお金もかかる。
母親はギリギリまで長く働くことになります。

 

 

すると、子供と接する時間はおろか、家事すらろくにできません。
このとき子供はどういう気持ちになるのかというと、
「母ちゃんは働いてばっかで、自分のことを見てくれない」
つまり、愛情不足状態になります。

 

 

この愛情不足状態は子供が荒れてしまう一番の原因です。
片親の場合、愛情不足状態に陥りやすいので、
子供が荒れてしまう確率が上がるのです!

 

まずは、出来るだけ愛情を注いであげることを意識しよう!

片親の場合、ただでさえ子供と接する時間が少ない。
にもかかわらず、子供が思春期に入ると子供のほうから離れていきます。
これは思春期の特徴である「親離れ」という現象で、避けられないことです。

 

 

普段から子供に愛情を注げているのであれば、
片親だろうが問題なく子供に助言することが出来ます。
でも、愛情不足状態だと、助言はおろか、会話すらまともにできません。

 

 

もし、今既にきちんと子供に愛情を注げているのであれば、
>>片親なら、思春期の子供へはこう対応しよう!へ進んでください。
もし今愛情不足状態だと感じるのであれば、このまま読み進めていってください。

 

親からアプローチをしていこう

では、愛情不足を解消するにはどうしたらいいかというと、
まず、子供が親を避けようが、親から子供にアプローチをしましょう。
子供が自分を避けても、自分から子供に近づいていくのです!

 

 

ただ、子供の心は、親から離れたい!という時期なので、
「近づいてくるな!あっちいけ!」
という対応をしてくるかもしれません。

 

 

こういったことを言われると、親としてはなかなか辛いものです。
でも安心してください!次のページで紹介する
子供に近づくためのポイントさえ守れば、
どんな状況でも子供に近づくことが出来ます!

 

 

>>思春期の子供に近づいていく方法に進む

 

>>中学勉強法トップページに戻る

 

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 

思春期の子供への対応(片親編)関連ページ

思春期の男子に対して親はどうすべきか
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです!私が教師をしていてよく相談されることに、思春期の男子に対してどのように対応していけばいいのかという話です。でも、ちょっとしたコツさえあれば、それほど悩まずに解決できるでしょう。
思春期の女子への対応策を<<現役の教師>>が解説します
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです!私が教師をしていていつも苦労するのが、思春期の女子です。女心がわからないお父さんにはかなり難しい子育てだと思います。ここでは、思春期の女子に対する親の対応について解説しています。
思春期の子供へ近づく方法
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです!思春期の子供は親から離れようとします。普段から愛情を注いでいる子供であれば問題ないのですが、片親の場合普段から愛情が足りていません。ここでは、思春期の子供に近づく方法について解説しました。
思春期の子供へ近づくときは少しずつにしよう
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです!親としてとても気を遣うのが、思春期の子供への近づき方です。一歩間違えると、子供は全く口を聞いてくれなくなります。ここでは、思春期の子供への近づき方についてまとめました。
片親なら、思春期の子供へはこう対応しよう!
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです!思春期は男子、女子ともかなり難しい時期です。最近は思春期が延びていて、20代でも思春期の症状の若者が増えています。ここでは、思春期の子供に対する対応の仕方についてまとめました。
思春期では、進路や友達の話は慎重に進めよう
中学の勉強法を現役の中学校教師が教えるサイトです!教師の立場からでも難しいのが、進路や友達関係の話。子供の意見を尊重してあげたいのは山々だが、大人としていろいろ言いたい。このページでは、いいにくい話を上手く伝える方法について解説しました。
思春期のうつ状態と解決策を<<現役の教師>>がまとめました
思春期の男子と女子によくある特徴として、うつ状態が挙げられます。このパターンはかなり危険です!1日でも早く対応しておかないと、大変なことになります。ここでは、うつ状態の原因と解決策を紹介します。
中学生がうつ状態の時<<絶対にやってはいけない>>こと
中学生は思春期の真っ只中です。この時期の子供たちは、とにかくうつ状態になりやすいです。ちょっとしたプレッシャーからうつになってしまいます。この時期に絶対にやってはいけないことを紹介します。

TOP 定期テストの勉強法 高校受験の勉強法 秘☆5日で成績が上がった話 無料相談